クラウドリース破産決定、元本の返済は早くて半年後?償還ゼロも?

ソーシャルレンディングで大幅な元本毀損が発生した事例は

・みんなのクレジット

・ラッキーバンク

 

についで3時例目かと思います

(ソーシャルレンディング会社の不適切運用によるもの。一部案件遅延は除く)

 

中小企業融資がメインのクラウドリースの破産手続きが開始されたと、クラウドリースを管理するマネオマーケットが発表したのが2020年4月2日

 

その中で実際の返済はいつ行われるのか?

 

 

 

【口座開設全部無料】まず口座開設する初心者におすすめの会社
1万円から投資できる会社
□【SAMURAI FUND】・・・マネオをグループ企業へ。1万円kらOK上場会社系
□【CREAL 】…大型不動産担保投資を1万円から
【クラウドクレジット】 …海外、特にロシアアフリカなど新興国に強み
□【クラウドバンク】・・・ソーシャルレンディングの老舗。アメリカドルの再投資可能
□【OwnersBook 】・・・不動産担保付き投資に強み

各社の特徴
【クラウドクレジット】 ・・・ロシアモンゴルなど新興国に1万円から投資可能。現地通貨建ても
□【 Funds 】・・・大阪王将アイフルなど有名企業にも。投資家優待付きファンドあり
□【 CREAL 】・・・不動産投資を1万円から
□【 LENDEX 】・・・不動産担保付を高利回りで。募集後即売り切れ多数あり
□【 クラウドバンク 】・・・証券会社系1種免許あり。1万円から不動産太陽光中小企業支援、アメリカなど幅広いファンド多数あり
□【 SBIソーシャルレンディング 】・・・東証1部上場SBIグループ。1ファンド数十億単位の大型ファンドも

 

ソーシャルレンディング業界も激変しています。

最大手のマネオグループは、現在新規募集停止 行政処分を受け事実上開店休業状態の会社も。

クラウドバンクのように2度の行政処分を受けても復活し、現在はドル建て商品をドルのまま再投資できるなどさらに発展している会社も。

ソーシャルレンディングも、それぞれに特徴をだしている会社もあります

2019年募集開始のCOOL はアジアビジネス投資に特徴があります 大阪王将やアイフルなど、有名企業に融資が特徴のFunds。ほかにも

利回りはほかの会社より低めですが、融資先公開、だれもが知る企業に融資するファンドを展開するFunds 。

不動産投資型クラウドファンディング【FANTAS funding】 1万円から始められるクラウドファンディング不動産投資「A funding」 など不動産担保融資の執行勢力も。

【クラウドクレジット】 はロシア・モンゴル・アフリカなど新興国投資、現地通貨建てファンドが多数あります

LENDEX のように初期はなかなか満額成立しなかったけれど、最近は不動産担保付で7~9%程度の利回りでも週していることもあり募集後すぐに満額成立する会社もあります

 

証券会社系で1種免許を持つクラウドバンク

東証上場SBIグループのSBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング開始後、親会社上場したOwnersBookなどがあります

ほかにもFANTAS funding など新しい会社も増えてきました

 

また投資資金も1万円から可能な会社も増えてきました

1万円から投資できる会社4選
□【CREAL】…大型不動産担保投資を1万円から
【クラウドクレジット】 …海外、特にロシアアフリカなど新興国に強み
□【クラウドバンク】・・・ソーシャルレンディングの老舗。アメリカドルの再投資可能
□【OwnersBook 】・・・不動産担保付き投資に強み
 
 

ソーシャルレンディングでの収入で収入を得たらさとふるなどでふるさと納税もおすすめです。

インヴァストカードはクレジットカード決済だけで自動でETF買付運用ができます

 

ソーシャルレンディング以外でも小額から投資できる機会も増えてきました 。

入金だけで海外ETFを自動買い付け運用できるWealthNavi

FX外国為替証拠金取引ではトレイダーズ証券【LIGHT FX】

アメリカ株取り扱い銘柄最大級の サクソバンク証券

ビットコインなど仮想通貨ではGMOコインLiquid by Quoine

 

など小額から個人で投資できる機会がずいぶんと増えてきましたね

目次

マネオグループ クラウドリースの破産手続き開始

マネオグループではクラウドリースを含め全グループ新規ファンド募集停止しています

さらに行政処分の直接の原因になったグリーンインフラレンディングをふくめ

返済が全ファンド滞っている会社もあります

 

クラウドリースも突然全ファンド遅延に。

融資先が1つではないのに一斉に返済遅延

 

 

そして破産手続き開始に

 

 

クラウドリース返済は2020年10月以降?

クラウドリースの返済開始hいつになるのでしょうか?

 

マネオ・クラウドリースの公式サイトで2020年4月2日付けで発表されllたアナウンスを見ていきます

 

 

産状況報告集会期日は、それぞれ 2020 年 10 月 5 日午後 2 時と指定されまし
た。今後は破産手続の開始に伴い、破産者 3 社の財産の管理処分に関する一切の権限が破
産管財人に専属することとなり、裁判所の監督のもと、公正・中立に破産手続きが遂行され
ます。 https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3182

 

破産手続き開始でクラウドリースの返済原資を調査、その調査報告が

2020年10月5日になったとお知らせしています

 

この報告後となると文書発表が2020年4月2日、実際の返済は早くて半年後、2021年にずれ込むことも考えられます。

 

 

クラウドリース投資家以外にも負債が。負債額はその2倍

帝国バンクなどのデータによると、クラウドリース投資家分を含め負債は112億円となる見込みとのことです

クラウドリース投資家分が56億円なので、倒産してもほぼクラウドリース投資家分かと思われていましたが

実際はその倍以上の負債があると伝えています

 

クラウドリース投資家以外は誰なのでしょうか?マネオマーケットなどマネオ関連なのでしょうか

 

ほかにもクラウドリース親会社ダーウィンの動向もきになります

 

 

 

 

破産し償還分が確定するまでの心構え

クラウドリースが破産して、返済するにしても元本割れはほぼ確実な情勢です

さらに結局返済ゼロの可能性もなくはありません

 

0%、良くても5~10%あらりで倒産時の返済は収まるのではと

ほかの事例からは思います

 

どちらにしても大幅な元本割れは避けられません

 

これに確定申告で、ほかの雑所得があれば年内の損益通算で税金を取り戻すくらいしか

少しでも戻ってくる方法はといえばありません・・・たぶん

 

 

 

まとめ

クラウドリースにこのまま償還を促す方法も1つかと思いますが

遅延を起こしていこう返済した割合はファンド総額の0.08%

 

 

ほとんどゼロに近い数値です

これではいつになるのか、また今後どの程度返済されるのかもわからず

破産し、損失を確定したほうが、どちらにしても元本大幅毀損ですが

ベストな方法のようにも思いました

最近では融資先を公開している会社も増えてきているので

そのような会社のファンドを中心に投資するのもクラウドリースのようなファンドをさける1つの手段かもしれません

 

融資先を公開している会社4選
□【SBIソーシャルレンディング 】・・・東証1部SBIグループ。数十億単位の大型ファンドも
□【クラウドバンク】・・・ソーシャルレンディングの老舗。アメリカドルの再投資可能
【クラウドクレジット】 ・・・ロシアモンゴルなど新興国に1万円から投資可能。現地通貨建ても
□【 Funds 】・・・大阪王将アイフルなど有名企業にも。投資家優待付きファンドあり

 

 

高利回りではファンド自体にリスクはあるものの、運営会社やバックはしっかりしている【クラウドクレジット】
一択でしょうか

 

口座開設は

【口座開設全部無料】まず口座開設する初心者におすすめの会社
1万円から投資できる会社
□【SAMURAI FUND】・・・マネオをグループ企業へ。1万円kらOK上場会社系
□【CREAL 】…大型不動産担保投資を1万円から
【クラウドクレジット】 …海外、特にロシアアフリカなど新興国に強み
□【クラウドバンク】・・・ソーシャルレンディングの老舗。アメリカドルの再投資可能
□【OwnersBook 】・・・不動産担保付き投資に強み

各社の特徴
【クラウドクレジット】 ・・・ロシアモンゴルなど新興国に1万円から投資可能。現地通貨建ても
□【 Funds 】・・・大阪王将アイフルなど有名企業にも。投資家優待付きファンドあり
□【 CREAL 】・・・不動産投資を1万円から
□【 LENDEX 】・・・不動産担保付を高利回りで。募集後即売り切れ多数あり
□【 クラウドバンク 】・・・証券会社系1種免許あり。1万円から不動産太陽光中小企業支援、アメリカなど幅広いファンド多数あり
□【 SBIソーシャルレンディング 】・・・東証1部上場SBIグループ。1ファンド数十億単位の大型ファンドも

 

ソーシャルレンディング業界も激変しています。

最大手のマネオグループは、現在新規募集停止 行政処分を受け事実上開店休業状態の会社も。

クラウドバンクのように2度の行政処分を受けても復活し、現在はドル建て商品をドルのまま再投資できるなどさらに発展している会社も。

ソーシャルレンディングも、それぞれに特徴をだしている会社もあります

2019年募集開始のCOOL はアジアビジネス投資に特徴があります 大阪王将やアイフルなど、有名企業に融資が特徴のFunds。ほかにも

利回りはほかの会社より低めですが、融資先公開、だれもが知る企業に融資するファンドを展開するFunds 。

不動産投資型クラウドファンディング【FANTAS funding】 1万円から始められるクラウドファンディング不動産投資「A funding」 など不動産担保融資の執行勢力も。

【クラウドクレジット】 はロシア・モンゴル・アフリカなど新興国投資、現地通貨建てファンドが多数あります

LENDEX のように初期はなかなか満額成立しなかったけれど、最近は不動産担保付で7~9%程度の利回りでも週していることもあり募集後すぐに満額成立する会社もあります

 

証券会社系で1種免許を持つクラウドバンク

東証上場SBIグループのSBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング開始後、親会社上場したOwnersBookなどがあります

ほかにもFANTAS funding など新しい会社も増えてきました

 

また投資資金も1万円から可能な会社も増えてきました

1万円から投資できる会社4選
□【CREAL】…大型不動産担保投資を1万円から
【クラウドクレジット】 …海外、特にロシアアフリカなど新興国に強み
□【クラウドバンク】・・・ソーシャルレンディングの老舗。アメリカドルの再投資可能
□【OwnersBook 】・・・不動産担保付き投資に強み
 
 

ソーシャルレンディングでの収入で収入を得たらさとふるなどでふるさと納税もおすすめです。

インヴァストカードはクレジットカード決済だけで自動でETF買付運用ができます

 

ソーシャルレンディング以外でも小額から投資できる機会も増えてきました 。

入金だけで海外ETFを自動買い付け運用できるWealthNavi

FX外国為替証拠金取引ではトレイダーズ証券【LIGHT FX】

アメリカ株取り扱い銘柄最大級の サクソバンク証券

ビットコインなど仮想通貨ではGMOコインLiquid by Quoine

 

など小額から個人で投資できる機会がずいぶんと増えてきましたね