【緊急速報】トラストレンディングに行政処分が!ファンドの償還金分配金は?遅延デフォルトの可能性や今後は?

2019年6月14日

トラストレンディングの行政処分勧告

2018年12月7日金曜日、行政処分勧告後

行政処分が出されました

f:id:sakura117117:20181213063205j:plain

トラストレンディング(運営はエーアイトラスト)に出された

行政処分の内容とは?

ファンドの償還金分配金、遅延デフォルト可能性・今後はどうなるのか?

数千種類のアメリカ株がワンコインで取引できる サクソバンク証券

業界屈指の手数料の安さに、取扱銘柄数に定評があります

FXでも少額から始められるトレイダーズ証券【LIGHT FX】

通常のカード払いでショッピングの1%分が

ETF投資に回せるインヴァストカード

クレジットカード決済でそのままもとでゼロで投資できる時代がきたんですね

2018年 CREALが不動産投資の分野に参入しました。キャンペーンを含めると10%近い利回りのファンドもあります

少額から投資できることが特徴でもあるソーシャルレンディング その中でも1万円から投資できる会社もあります。

・ジョージア・ブラジルなど新興国に強みの【クラウドクレジット】

・太陽光・不動産担保のほかアメリカドル建てファンドも発売開始した証券会社系のクラウドバンク

・不動産担保余力20%以上、早期償還で14%の利回りも実現OwnersBook

などです。

また東証1部上場SBIグループのSBIソーシャルレンディング

1回の募集が億単位と大規模ファンドを複数募集しています

2017年に入ると、

沖縄発のソーシャル会社【PocketFunding】

不動産担保付きで情報開示が進むLENDEX など

トラストレンディングに出された行政処分の内容とは?

トラストレンディング約9億円が不適切募集?

2018年12月7日週末の金曜日

トラストレンディングの運営会社エーアイトラストに行政処分勧告がだされました

social.semiretire.xyz

「大企業」「官公庁事業」など安心感を前面に出しつつ

利回り10%超。

リスクのわりにリターンが高いからか

9億円が満額成立

しかし・・・

その「大企業」「官公庁事業」がウソだったと

行政処分勧告は指摘。

NHKニュースでは同日夜

募集告知だけでなく、貸付融資自体していなかったと指摘しました。

参考記事

social.semiretire.xyz

行政処分勧告後初の分配日2018年12月10日月曜日遅延が・・・

2018年12月7日金曜日、行政処分勧告が出されました

土日を挟んで週明け月曜日。

この10日はトラストレンディングの定期分配日

しかし

social.semiretire.xyz

結局2018年12月10日に

分配金が振り込まれることはありませんでした

行政処分勧告の影響で

銀行でお金がストップして投資家のもとへ届かなかったとのことです

ただあくまで、イレギュラーな出来事が起こったからで

一時的なもの。

また融資自体は行われていたと

問い合わせるとトラストレンディング側は回答してくれました

(融資自体実態がありません、とも仮にそうでも言えないとは思いますが・・・)

翌日、分配金は今回の行政処分勧告ファンドも含め

振り込まれていました

social.semiretire.xyz

行政処分の論点:そもそも融資実態はあったのか?

トラストレンディングの行政処分勧告をみると

「大企業」「官公庁事業」などのキーワードを使って

実際は存在しないのに存在するかのような募集告知をしていた

不適切募集の実態があった、

という指摘はされました

しかし、融資自体は行われていなかった

という文言やニュアンスはなかったように感じました

当日夜のNHKニュースでは

募集告知の虚偽もさることながら

融資実態もなかったと

貸付自体が存在しなかったと報道しています

NHK報道は行政処分の前触れなのか?

それともそうではないのか?

NHKが何の根拠もなく融資実態がなかったと報道するとも思えませんが

行政処分時、かりにこの事実が指摘されれば重い処分

投資にとってはそもそも融資が存在せず資金もどこかに・・・

となればデフォルトもかんがえなければなりません

 行政処分の中身【速報】

行政処分は、他社事例を見ると

行政処分が出て約1週間後に出されています

行政処分勧告はあくまで「勧告」なので

行政処分を絶対出さなければならないわけではありませんが

行政処分勧告段階で、具体的な問題点を指摘して

それに沿った形で行政処分が下るのが一般的な流れとなります

なので行政処分勧告が出ているが行政処分出ず、

という流れはほとんど見られません

ソーシャルレンディング関連の行政処分も

行政処分勧告出る→1週間後行政処分となっています

そして行政処分が・・・

エーアイトラスト株式会社に対する行政処分について:財務省関東財務局

トラストレンディングに業務停止命令

関東財務局からの行政処分では

(1) 業務停止命令
金融商品取引業のすべての業務(顧客取引の結了のための処理を除く。)を平成30年12月14日から同31年1月13日まで停止すること。

新規関連業務1か月の業務停止命令

という非常に厳しい処分となりました。

業務停止処分が出て、復活を果たしたクラウドバンクのように

なるのでしょうか?

ラッキーバンクやみんなのクレジットのように

開店休業状態になってしまうのでしょうか。

内容面では行政処分勧告の内容を

踏襲したものとなっています

2種類のファンドに不適切募集があったとのいことです

まとめ

不適切募集は確かに問題ですが

業務改善命令あたりになるのではと思っていました

何か闇の部分があるのでしょうか。

融資自体をトラストレンディングがしていたかについては

行政処分の文面を見る限り

「融資自体はしていたが、不適切な募集告知だった」と

なるのではと思いました

いまは投資した資金の行方

「すいません」と謝罪にとどめている

トラストレンディングの対応

行政当局との調整もあるとはいえ

投資家ファーストで進めてもらいたいです

数千種類のアメリカ株がワンコインで取引できる サクソバンク証券

業界屈指の手数料の安さに、取扱銘柄数に定評があります

FXでも少額から始められるトレイダーズ証券【LIGHT FX】

通常のカード払いでショッピングの1%分が

ETF投資に回せるインヴァストカード

クレジットカード決済でそのままもとでゼロで投資できる時代がきたんですね

2018年 CREALが不動産投資の分野に参入しました。キャンペーンを含めると10%近い利回りのファンドもあります

少額から投資できることが特徴でもあるソーシャルレンディング その中でも1万円から投資できる会社もあります。

・ジョージア・ブラジルなど新興国に強みの【クラウドクレジット】

・太陽光・不動産担保のほかアメリカドル建てファンドも発売開始した証券会社系のクラウドバンク

・不動産担保余力20%以上、早期償還で14%の利回りも実現OwnersBook

などです。

また東証1部上場SBIグループのSBIソーシャルレンディング

1回の募集が億単位と大規模ファンドを複数募集しています

2017年に入ると、

沖縄発のソーシャル会社【PocketFunding】

不動産担保付きで情報開示が進むLENDEX など

最大手maneo以外の会社もできました。

うーーーーん・・・