ラッキーバンク1か月ぶりの新規案件、大きく様変わり?

ソーシャルレンディングのラッキーバンク。

前回募集が2017年2月20日。今回は2017年3月18日。

約1か月ぶりの新規案件。その募集内容傾向も少し変わってきました

 

詳しく見ていきます

 

ラッキーバンクについて

ソーシャル会社では後発組でありながら

非常に人気が高く、募集開始早々満額成立がここ最近続いています

 

1億円を数分で成立させてしまうなど人気がソーシャルレンディング会社では

随一

 

全案件、不動産担保付き

万一返済できない時に備え、案件によっては保証担保をとっています。

 

ラッキーバンクでは全案件不動産担保をとっていることを

アピールしてその指示を得ています

 

募集時期を事前に告知

ソーシャルレンディングの告知と募集は同時に行われることが多いですが

ラッキーバンクでは事前に案件を告知し

投資するかどうかを考える時間をとっています。

 

案件を考えたうえで入金し投資する時間があります

 

引き出し手数料が無料

ソーシャルレンディングの分配金が入っても

お金を引き出すのに手数料がかかることが多いソーシャルレンディング。

 

数百円数千円で216円などの引き出し手数料がかかるのは痛いところです

 

しかしラッキーバンクでは手数料無料で引き出せます

 

1か月ぶり新規案件は様変わり?

 

ラッキーバンクが久々に新規案件を出します
前回募集が2017年2月20日。今回は2017年3月18日。

 

この間、金融庁の検査が入ったことが

あったからかどうなのかはわかりませんが、1か月の空白期間。

 

募集案件や記載方法も結構変わりました

 

 

【3/18募集】第205号ローンファンド 東京都中央区×東京都港区を見ると

 

プロジェクト1関連の

担保物件を所有する不動産事業者へ1,200万円及び、

 

プロジェクト2関連の

担保物件を所有する不動産事業者へ2,600万

 

合計3,800万円

 

で構成されるローンファンドとなります。

(ラッキーバンク募集ページより)

 

前回の【2/20募集】第204号ローンファンド Lucky Bank 75億円突破記念

案件1が1500万円、案件2が2万円のセット販売だったことを考えると

ずいぶん違います。

 

ほかにも結構違いがあります

次回以降詳しく見ていきます