【緊急速報】グリーンインフラレンディング元本の50%返済の目途が!?親会社JCサービスが発表の内容とは?

SPONSORED LINK

融資型クラウドファンディングの1つ

「グリーンインフラレンディング」。

 

ソーシャルレンディング会社最大の130億円が遅延

 

f:id:sakura117117:20181201141910j:plain

グリーンインフラJCサービス発表

 

2018年7月、償還金・分配金ともストップ。

 


全ファンドでストップが続いています

 

 

そして、第二種免許のマネオマーケットでも

募集サイトのグリーンインフラレンディングもなく

 

 

グリフラ親会社の「JCサービス」から

グリフラ償還金に関する報告が発表されました

(2018年11月30日)

 

 

関連会社を通して(中略)グリーンインフラレンディングへ元本返済が完了しています

 

 

全ファンド遅延から一転

元本返済が完了?

 

 

そして募集額の半分の元本返済の目途が?

 

 

 グリーンインフラレンディング親会社の

4か月ぶりの更新新着のお知らせに書かれていた内容とは?

 

 

 

 

少額から投資できることが特徴でもあるソーシャルレンディング その中でも1万円から投資できる会社もあります。

 

・ジョージア・ブラジルなど新興国に強みの【クラウドクレジット】

 

・太陽光・不動産担保のほかアメリカドル建てファンドも発売開始した証券会社系のクラウドバンク

 

・不動産担保余力20%以上、早期償還で14%の利回りも実現OwnersBook

 

などです。

 

 

また東証1部上場SBIグループのSBIソーシャルレンディング

1回の募集が億単位と大規模ファンドを複数募集しています

 

 

2017年に入ると、

沖縄発のソーシャル会社【PocketFunding】

不動産担保付きで情報開示が進むLENDEX など

 

最大手maneo以外の会社もできました。

 

グリフラ親会社JCサービスの内容は?

 

 

 

 

ソーシャルレンディング史上最大の運用延滞遅延

 

 融資型クライアントファンディング・グリフラ

ファンド成立額200億円

 

運用中とされる額は130億円余り。

 

 200億円突破ファンド募集するも途中キャンセルに。

 

行政処分も第2種のマネオマーケットに下りました

 

 

social.semiretire.xyz

 

 

 その後も何度か

グリーンインフラレンディング関係のお知らせが来るも

特に進展なし

 

 

social.semiretire.xyz

 

 

 

2018年11月償還分は?

 

 2018年11月償還分についても・・・

 

social.semiretire.xyz

 

やはり進展なし

 

 

 

 

 

2018年11月30日ついに動きが

2018年11月月末30日週末金曜日

 

マネオマーケットでも

グリーンインフラレンディングもなく

 

「JCサービス」から新たな情報が発表されました

 

 

JCサービス公式サイトの4か月ぶりのお知らせが!

 

 

https://jcservice.co.jp/news/20181130.pdf

 

 

JCサービス発表の概要

 

ではどのようなグリフラ情報が発表されたのでしょか

 

 

2018年内目途

  • 7.7億円太陽光ファンド2案件・・・グリフラ返済済み(12月中旬投資家のもとへ)
  • 7.5億円バイオマス1案件・・・契約完了済み(12月中に再度報告)
  • 太陽光1案件・バイオマス3案件・・・返済計画がある程度たっている

 

これらで運用額130億円の約50%にあたる

65億円の返済目途がついた

 

とコメントしています

 

2019年以降

上記65億円程度は2018年内である程度目途がついており

その他は2019年1月以降順次締結見通しとのことです

 

 

最悪の事態も

心づもりしていたので

みんクレのように二束三文で決着になることは

 

 

今回の発表を見る限りなさそうです

 

 

まとめ

グリーンインフラレンディング情報は

公式情報がなかなかでていなかったので

 

少しの安心材料にはなりました

 

ただどの程度返済されるのか?

元本は全部償還されるのか?

利息は?

延滞金は?

 

 

具体的に投資家の元へは

2018年12月(年内)は7.7億円のみ?(運用額の6%程度)

 

などまだまだ疑問だらけ

 

 

続報を待ちたいです

 

少額から投資できることが特徴でもあるソーシャルレンディング その中でも1万円から投資できる会社もあります。

 

・ジョージア・ブラジルなど新興国に強みの【クラウドクレジット】

 

・太陽光・不動産担保のほかアメリカドル建てファンドも発売開始した証券会社系のクラウドバンク

 

・不動産担保余力20%以上、早期償還で14%の利回りも実現OwnersBook

 

などです。

 

 

また東証1部上場SBIグループのSBIソーシャルレンディング

1回の募集が億単位と大規模ファンドを複数募集しています

 

 

2017年に入ると、

沖縄発のソーシャル会社【PocketFunding】

不動産担保付きで情報開示が進むLENDEX など

 

最大手maneo以外の会社もできました。

 

毎回のコピペ内容のようなメールが続きましたが

 

今回はマネオマーケット・グリフラではなくJCサービスからでしたが

 

 

そもそも事業実態があり

償還に向けた動きもしていたことが

わかり少し安心できた面もあります

 

 

ただまだ実際の償還はなし

マネオマーケットコメントなし

 

どうなることか・・・

少しは安心材料になるのでしょうか

 

いい意味でのサプライス発表を期待したい

 

とも・・・