【緊急速報】グリーンインフラレンディングの件で、maneoマネオマーケットに行政処分が下される!内容とグリフラの今後は?

SPONSORED LINK

2018年7月6日、証券取引等監視委員会からグリーンインフラレンディングのファンド募集を行うマネオマーケットに

行政処分勧告が出されました。

f:id:sakura117117:20180713094645j:plain

 

行政処分勧告が出ても

行政処分を出さなければいけないわけではありません

 

がほとんどの場合、約1週間後に関東財務局から行政処分が出されました

 

 

ラッキーバンク・みんなのクレジットでは

ほぼ行政処分勧告にそった内容でした

 

 

その処分内容が最大の関心事

「業務停止」「業務改善命令」などで大きく異なります

 

グリーンインフラレンディング運営のマネオマーケットに下された

行政処分内容とは?

 

 

 

 

【クラウドクレジット】クラウドバンク

外貨建てファンドでソーシャルレンディングが新たな魅力が

出てきたと思った矢先に・・・

 

 

 ソーシャルレンディングでは

 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング


行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

 

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

 

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 

 などあります

 

 

関東財務局から出された行政処分の中身とは?

 

NHK速報でグリフラ問題表面化

2018年6月分配金・償還金はすべて問題なく

投資家口座に振り込まれました

 

 

がしかしその後NHKが・・・

 

 

social.semiretire.xyz

 

 

 グリフラファンドを募集している第2種資格を持つ

マネオマーケットの問題を取り上げました

 

 

嫌な予感・・・・・

 

みんなのクレジットの場合

当日中に行政処分勧告がだされました

 

 

social.semiretire.xyz

 

 

グリーンインフラレンディングGILの場合は

NHK速報の当日中には行政処分勧告は出ず

 

(ただしグリフラ新規ファンドは設定なし)

 

 

 

グリフラ問題は政治献金問題?

グリーンインフラレンディングとマネオマーケット

ファンド資金の不適切運用

 

思わぬ形で話が進んでいきます

 

なんと政治資金「政治とカネ」問題

 

 

この政治とカネ問題とグリフラは

朝日新聞がスクープしました

 

 

 

social.semiretire.xyz

 

 

朝日新聞記事をNHKも取り上げました

 

social.semiretire.xyz

 

 

 

 

 投資家→グリフラ→親会社JCサービス→グループ会社JC証券→細野議員

 

という形で投資家の資金の一部が渡っていた可能性を指摘・・・

 

JCサービスがJCサービスに渡った

増資資金2億5000まんえんのうち5000万円を細野氏のもとへ

 

 

現在は細野氏は返済済みとのこと。

これだけな、魔が差した、すいませんで終わり

投資家への影響もほとんどないようにも思えましたが・・・

 

 

 

 

 

ほかの7億5000万円はなににつかわれていた?

2億5000万円は増資資金へ、

そのうち5000万円は元環境相の細野氏のもとへ(しかも選挙期間中)

 

social.semiretire.xyz

 

 

グリフラ親会社JCサービスによると

細野氏5000万円は返済完了したとのこと

 

しかしNHKが報じた「少なくとも10億円」

 

 

不適切資金は10億円以上に?

行政処分勧告当日、NHKは不適切運用資金を10億円と報道しました

 

 

social.semiretire.xyz

 

 

朝日新聞の増資額2億5000万円を差し引いた

7億5000万円の行方は??

 

 

 

何に不適切利用されて

現在はどうなっているのか?

 

 

証券取引等監視委員会から行政処分勧告が

2018年7月6日週末金曜

証券取引等監視委員会からグリフラファンド募集していた

マネオマーケットに行政処分勧告が出されました

 

 

 

 

social.semiretire.xyz

 

 

今回証券取引等監視委員会の行政処分勧告の根拠法令が

 

 

(金融商品取引業者に対する業務改善命令
第五十一条  内閣総理大臣は、金融商品取引業者の業務の運営又は財産の状況に関し、公益又は投資者保護のため必要かつ適当であると認めるときは、その必要の限度において、当該金融商品取引業者に対し、業務の方法の変更その他業務の運営又は財産の状況の改善に必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

maneoマーケット株式会社に対する検査結果に基づく勧告について:証券取引等監視委員会

 

を示していたので

「業務停止命令」や「免許取り消し」などではなく業務改善命令と

思われていましたが・・・・

 

またファンド募集で看板を掲げている

グリーンインフラレンディングとその親会社JCサービスに対しては

行政処分勧告の直接の対象ではありませんでした

 

 

social.semiretire.xyz

 

グリフラ問題なしではなく

第2種免許を持っているマネオマーケットが対象で

 

グリーンインフラレンディングは直接の対象でなかったからだと思われます

 

 

 

マネオマーケットに出された行政処分の内容とは?

グリーンインフラレンディングファンドを募集していた

マネオマーケットに行政処分が出されました

 

 

 

maneoマーケット株式会社に対する行政処分について:財務省関東財務局

 

 

問題点(抜粋)

では関東財務局が出した内容はというと

 

 

 出資対象事業と異なる事業等へ支出している事例が多数認められた。

 

ファンドの取得勧誘に関して虚偽の表示を行っているものと認められる。

 

 

グリーンインフラレンディングンディングが募集時に示した

資金の用途以外に使われていた、しかも多数あったとしています

 

(何が多数あったのか?気になるところですが・・・)

 

マネオマーケットはその内容を見抜けず

事実とは異なる内容でファンドを募集していた

 

ということでしょうか

 

 

気になる処分内容は?

証券取引等監視委員会では

根拠条文に「業務改善命令」の条文をだいていましたが

 

 

実際の関東財務局はどう判断したのでのしょうか

 

 

 

当社に対し、金融商品取引法第51条の規定に基づき、以下の行政処分を行った。

○ 業務改善命令

 

大方の予想通り「業務改善命令」でした

 

 

平成30年8月13日までに、進捗状況及び対応結果について報告すること。

 

 

1か月以内に結果報告がかされました

 

マネオマーケットもマネオのホームページでコメントを発表しました

2018/07/13 お知らせ「業務改善命令についてのお知らせ」|maneo(マネオ)|ソーシャルレンディング

 

 

マネオグループへの影響は?

2018年7月分配償還は

グリーンインフラの全ファンドで停止していますが

 

 

ほかのマネオグループはおおむね分配償還はされました

(マネオの虎遅ファンド除く)

 

グリーンインフラ以外のソーシャルレンディング会社は

分配償還日に合わせて新ファンドを普段通り募集しています

 

 

 

 

まとめ

処分内容は、業務改善命令やその指摘内容は

証券取引等監視委員会の勧告内容に沿った内容で

 

特に大きなサプライズはなかったように思いました

 

 

ただ

投資家最大の関心事は

現在グリーンインフラファンドのすべてがストップしている

 

償還分配金はいつ再開するのか?

 

です。

 

資金の流れをすべて把握したうえでのことなので

数か月単位の長期戦も覚悟しないと・・・

 

とも思いました

 

 

例えば

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

早期償還で10%以上、余力20%以上などで現在でも即完売状態

 

 

 

 

また東証1部SBIグループSBIソーシャルレンディング

グリフラ不適切運用後、億単位の新規ファンドも募集開始1分もたたず

即完売。以前のラッキーバンクのようなクリック合戦でした

 

SBIの場合、徐々に人気が出てきた形で

利回りは6~7%程度とソーシャルレンディングの中では中程度ですが

SBI、東証1部、実績、他社不祥事などで人気に拍車がかかってきています

 

 


行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 2回も行政処分をうけながら、復活を果たしました

 

証券会社がバックにつき1種免許をもっているのも強みといえます

 

外貨建て商品を償還時円にかえず

外貨のままストック再投資できる新サービスも開始予定と

さらに広がりそうです

 

 

 

そして

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

ジョージア、トルコ、ロシアなどマイナーな国が多く

1万えんからできるのも嬉しいところ

 

 

 

 

 

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 民泊業者が中心です

 

ファンド投資家向けにファンド資金で事業がどの程度進んでいるか

投資家向けレポートをメールで定期的に配信しています

 

進捗状況を定期的に発信している珍しい会社です

 

査定も「東急リバブル」と具体的にあげ

どのような査定か、が分かる形になっています

 

 

 

いろいろ選択肢も増え、利回りもアップしているようにも感じます

 

証券会社・FX会社、現在は仮想通貨業者・そしてソーシャルレンディング会社

金融庁も仮想通貨業者に対し一斉に行政処分を下しました

 

次はソーシャルレンディング、なのでしょうか。

はやく解決してほしい・・せめて元本だけでも・・・という本音でもあります