【緊急速報】グリーンインフラレンディングファンドを募集するmaneoマーケットに行政処分勧告が。その中身とは?グリフラや親会社JCサービスは処分対象外?

SPONSORED LINK

 証券取引等監視委員会。

以前、ラッキーバンクやみんなのクレジット、クラウドバンクも

ここから行政処分勧告を受けました

f:id:sakura117117:20180706212033j:plain

 

そして2018年7月6日金曜日。週末。

世間では西日本の大荒れ台風情報と、オウム真理教死刑執行ニュースと

2大ニュースでしたが・・

 

ソーシャルレンディング界隈ではこの話題で持ちきりに。

 

 

 

maneoマーケット株式会社に対する検査結果に基づく勧告について

 

 証券取引等監視委員会は、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、(中略)行政処分を行うよう勧告した。

 

 

最大手マネオグループの募集を請け負うマネオマーケットに

行政処分勧告が。

 

しかし当事者のグリーンインフラレンディングには特に無し

 

今回の行政処分勧告とグリーンインフラレンディングへの処分は?

 

 

 

【クラウドクレジット】クラウドバンク

外貨建てファンドでソーシャルレンディングが新たな魅力が

出てきたと思った矢先に・・・

 

 

 ソーシャルレンディングでは

 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング


行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

 

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

 

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 

 などあります

 

 

 行政処分勧告緊急速報

 

グリーンインフラレンディングの募集をしているmaneoマーケットに

 

グリーンインフラレンディングのホームページ。

グリフラが募集しているように見えますが実際は

第2種免許を持っているマネオマーケットが行っています

 

 

そのマネオマーケットに

2018年7月6日、行政処分勧告が証券取引等監視委員会から出されました

 

maneoマーケット株式会社に対する検査結果に基づく勧告について:証券取引等監視委員会

 

 

 

当日の午前中、NHKや日経でも

行政処分勧告か?という報道がなされていたので

 

みんなのクレジット同様に

当日中に出されるのか・・・と思っていましたがその通りの結果に。

 

行政処分勧告の内容を見ていきます

 

 

maneoマーケットに出された2つの問題点

マネオマーケットに証券取引等監視委員会から

2つの問題点が指摘されました

 

 

(1)ファンドの取得勧誘に関し、虚偽の表示をした行為

(2)当社の管理上の問題点

 

の2つです

 

 

ファンドの取得勧誘に関し、虚偽の表示をした行為について

まず1月つめ。ファンドを募集するとき、募集目的を明示しています

グリフラなら水力発電関係、バイオマス発電関係、メガソーラー関係などです

 

しかしその目的で募集したにも関わらず適切に運用されていなかったと

証券取引等監視委員会は指摘しています

 

甲社においては、ファンドから貸し付けられた資金及び自己の固有の事業に係る資金について、区分管理することなく、ほぼ全ての資金を1つの口座で入出金している状態となっている

 

甲社=GILグリフラ親会社と、証券取引等監視委員会には記載があるので

企業名は書かれていませんが、JCサービスと思われます

 

1つ1つ目的の違うファンド資金を1つの口座で管理していた

目的別に口座を分けていなかったと指摘しています

 

 

さらに

 

甲社が、入金されたファンド資金をウェブサイト上で表示した出資対象事業に支出しているか検証したところ、出資対象事業と異なる事業等へ支出している事例が多数認められた

 

ファンド資金をファンド募集時と違う目的で使っていた、しかも多数あり・・

 

この間において取得勧誘を行ったファンドのウェブサイト上の資金使途の表示と実際の資金使途が同一となっているかについて確認せず、事実と異なる表示のまま取得勧誘を継続している。

 

 

マネオマーケットに対しては

目的外ファンド資金利用についてのチェックがしっかりされておらず

 

結果、目的外利用という事実と違う目的の資金を集め続けていたことを指摘しています

 

 

(2)当社の管理上の問題点

当社とは「マネオマーケット」を指します

 

なぜ(1)のような目的外使用を見逃すことになったのかを指摘しています

 

 

当社においては、法令上、虚偽表示等の禁止行為が規定されているにもかかわらず、ファンド資金の使途等の確認を甲社の関係会社に一任し、甲社における資金管理の実態や資金の使途を把握できる管理態勢を構築していないことによるものと認められる。

 

「当社」=maneoマーケット

「甲社」=グリフラ親会社=企業名は書かれていないが、GIL親会社はJCサービスなのでJCサービスと思われます

 

グリフラの親会社であり、融資先であるJCサービスにまかせっきりになっており

不適切運用は見抜けなかった、ということでしょうか

 

 

 

まとめ

証券取引等監視委員会のマネオマーケットに対する記事の冒頭

 

内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、行政処分を行うよう勧告した。

 

とあります。

 

行政処分をおこなうよう勧告した、ということは

金融庁が行政処分をしなければいけない、ということとイコールではありません

 

勧告に従わず行政処分を出さないという選択肢もあります

 

しかし行政処分勧告がでたらほぼほぼ行政処分がでているので

ラッキーバンクやみんなのクレジットの例からも

 

1週間後、2018年7月13日金曜日あたりに関東財務局のホームページに

出る可能性が高そうです

 

マネオマーケットがグリフラだけでなく

マネオをはじめLCレンディングなど多くを抱えています

 

 

「業務停止命令」などが出れば影響は莫大です

 

反面、グリフラに対しては処分なし。

 

処分無し=問題なし

 

ではなく証券取引等監視委員会の権限がグリフラには及ばないからのようです

(第2種免許はマネオマーケットが保有して募集もここで行っているので

対象はマネオマーケット)

 

マネオグループの問題の1つとも言えます

 

グリフラ2018年7月11日償還分配金は遅延決定

 

今後どうなってしまうのでしょうか・・・

 

 

 最近ソーシャルレンディングはマイナスニュースばかりですが

逆にマネオ系やラッキーバンクなどから資金を集め

今まで以上に資金を調達している会社もあります

 

 

例えば

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

早期償還で10%以上、余力20%以上などで現在でも即完売状態

 

 

 

 

また東証1部SBIグループSBIソーシャルレンディング

グリフラ不適切運用後、億単位の新規ファンドも募集開始1分もたたず

即完売。以前のラッキーバンクのようなクリック合戦でした

 

SBIの場合、徐々に人気が出てきた形で

利回りは6~7%程度とソーシャルレンディングの中では中程度ですが

SBI、東証1部、実績、他社不祥事などで人気に拍車がかかってきています

 

 


行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 2回も行政処分をうけながら、復活を果たしました

 

証券会社がバックにつき1種免許をもっているのも強みといえます

 

外貨建て商品を償還時円にかえず

外貨のままストック再投資できる新サービスも開始予定と

さらに広がりそうです

 

 

 

そして

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

ジョージア、トルコ、ロシアなどマイナーな国が多く

1万えんからできるのも嬉しいところ

 

 

 

 

 

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 民泊業者が中心です

 

ファンド投資家向けにファンド資金で事業がどの程度進んでいるか

投資家向けレポートをメールで定期的に配信しています

 

進捗状況を定期的に発信している珍しい会社です

 

査定も「東急リバブル」と具体的にあげ

どのような査定か、が分かる形になっています

 

 

 

いろいろ選択肢も増え、利回りもアップしているようにも感じます