maneoマーケット行政処分勧告の当日朝、NHKが伝えた内容とは?不適切運用額は少なくとも10億円以上か?

SPONSORED LINK

2018年7月6日、日付が変わった深夜 1時30分
日本経済新聞 電子版がmaneoマーケットにたいする行政処分勧告か?

 

f:id:sakura117117:20180708080416j:plain

という速報を発表

 

さらに朝時間同日6時59分今度は

NHKがマネオマーケットの行政処分勧告について報道

 

その報道内容、そして当日午後、行政処分勧告は出されたのか?

 NHK速報の内容にスポットを当ててみます

 

 

 

【クラウドクレジット】クラウドバンク

外貨建てファンドでソーシャルレンディングが新たな魅力が

出てきたと思った矢先に・・・

 

 

 ソーシャルレンディングでは

 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング


行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

 

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

 

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 

 などあります

 

 

 行政処分勧告NHK速報とは?

 

 

 

 

 

NHK速報の内容とは?

 NHK速報、行政処分勧告。

この速報が午前中、日中帯行政処分勧告が・・・

 

social.semiretire.xyz

これはみんなのクレジットの場合です

 

午前中にNHKから行政処分勧告報道が出ると

その日に実際発表されました

 

 

 

www3.nhk.or.jp

 

 ちなみにNHKはグリフラファンド新規停止の記事も

速報で取り上げらました

 

 

social.semiretire.xyz

 

 

ではNHK速報の内容を見ていきます

 

 

行政処分勧告カウントダウン?

NHK速報では

 

ネットで資金集める国内最大手 不適切な資金利用で勧告へ

 

というタイトルで記事を発表しました


(2018年7月6日 6時59分WEB版)

 

 


「ソーシャルレンディング」と呼ばれる金融サービスの国内最大手の会社が、投資家から集めた資金の一部が事前の説明とは違う不適切な形で使われていたとして、証券取引等監視委員会が、近くこの会社に行政処分を行うよう金融庁に勧告する方針を固めたことが、関係者への取材でわかりました。

 

この会社とは後記事で「マネオマーケット」と記事は続けています

 

 

資金の一部が融資先の企業の子会社の増資に充てられるなど、事前の説明とは違う不適切な形で使われていたということです。

 

増資資金に充てられていた?

 

これは以前毎日新聞の記事になりました

 

social.semiretire.xyz

 

 

またその詳細を記事にした内容は

 

social.semiretire.xyz

 

 

 

上記朝日新聞記事によると

増資資金は「2億5000万円」となっています

 

 

 

 

不適切資金は10億円以上?

マネオマーケットが募集しているグリーンインフラレンディングファンド総額は200億、現在半分100億円以上が運用中です

 

不適切資金はどの程度だったのか?

 

 

不適切に使われた資金は少なくとも10億円以上に上る

 

 

10億円???少なくとも????

 

かりに10億円だとすると

200億円のうち10億円、5%が目的外利用

 

 

現在の運用残高でみると

10%程度となります

 

 

グリフラファンドには多くのファンドが担保

一部は保証付きもあるので

 

うまく担保売却などができれば、投資家に最悪0%運用で元本だけは

返せそうですが(もちろんグリフラの評価額なのでその通りに売却できればですが)

 

目的外使用があったなら最低10%程度元本棄損も覚悟しなくてはならない・・

 

最低・・・もしくはそれ以上・・・

 

 

 

 

ほかの7億5000万円はなににつかわれていた?

2億5000万円は増資資金へ、

そのうち5000万円は元環境相の細野氏のもとへ(しかも選挙期間中)

 

social.semiretire.xyz

 

 

グリフラ親会社JCサービスによると

細野氏5000万円は返済完了したとのこと

 

しかしNHKが報じた「少なくとも10億円」

 

 

 

朝日新聞の増資額2億5000万円を差し引いた

7億5000万円の行方は??

 

 

 

何に不適切利用されて

現在はどうなっているのか?

 

 

 

 

 

 

 

NHK速報当日日中帯

ミンクレNHK速報どうよう

マネオマーケットにもその日のうちに・・・

 

そのマネオマーケットに

2018年7月6日、行政処分勧告が証券取引等監視委員会から出されました

 

maneoマーケット株式会社に対する検査結果に基づく勧告について:証券取引等監視委員会

 

 

 

 

 

 

まとめ

NHK記事には「マネオマーケット」は出てきても

「グリーンインフラレンディング」の名前は出てきませんでした

 

 

なぜなのでしょうか?

最大の当事者は「グリフラ」親会社「JCサービス」では?

 

social.semiretire.xyz

 

 

 

日経記事によると証券取引等監視委員会の調査権限は

2種免許のある「マネオマーケット」であり

 

 

「グリフラ」は対象外とのことです

 

マネオマーケットも監督責任はあるとは思いますが

大本はグリフラやその融資先と思われる親会社のJCサービス

 

 

誠意ある対応をしてもらいたいですね

 

 

2018年7月分は償還金も分配金も留保

(返済遅延ではなくマネオマーケットが資金の流れを調査中なので

グリフラには届いているが投資家には来ていないとのこと)

 

 

 最近ソーシャルレンディングはマイナスニュースばかりですが

逆にマネオ系やラッキーバンクなどから資金を集め

今まで以上に資金を調達している会社もあります

 

 

例えば

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

早期償還で10%以上、余力20%以上などで現在でも即完売状態

 

 

 

 

また東証1部SBIグループSBIソーシャルレンディング

グリフラ不適切運用後、億単位の新規ファンドも募集開始1分もたたず

即完売。以前のラッキーバンクのようなクリック合戦でした

 

SBIの場合、徐々に人気が出てきた形で

利回りは6~7%程度とソーシャルレンディングの中では中程度ですが

SBI、東証1部、実績、他社不祥事などで人気に拍車がかかってきています

 

 


行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 2回も行政処分をうけながら、復活を果たしました

 

証券会社がバックにつき1種免許をもっているのも強みといえます

 

外貨建て商品を償還時円にかえず

外貨のままストック再投資できる新サービスも開始予定と

さらに広がりそうです

 

 

 

そして

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

ジョージア、トルコ、ロシアなどマイナーな国が多く

1万えんからできるのも嬉しいところ

 

 

 

 

 

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 民泊業者が中心です

 

ファンド投資家向けにファンド資金で事業がどの程度進んでいるか

投資家向けレポートをメールで定期的に配信しています

 

進捗状況を定期的に発信している珍しい会社です

 

査定も「東急リバブル」と具体的にあげ

どのような査定か、が分かる形になっています

 

 

 

いろいろ選択肢も増え、利回りもアップしているようにも感じます

 

証券会社・FX会社、現在は仮想通貨業者・そしてソーシャルレンディング会社

金融庁も仮想通貨業者に対し一斉に行政処分を下しました

 

次はソーシャルレンディング、なのでしょうか。

はやく解決してほしい・・せめて元本だけでも・・・という本音でもあります