SAMURAIが日本保証24か月長期ファンド募集。利回りは?リスクは?Cmpfireとの違いは?

日本保証の保証付きファンド。

 

CAMPFIRE Owners で先日初募集を開始しましたね

 

日本保証の保証付きファンドの先駆け

SAMURAI FUND が募集の日本保証が24か月の長期保証ファンドの募集を開始しました

 

SAMURAI FUND 募集日本保証24か月ファンドの利回りは?リスクは?

CAMPFIRE Owners との日本保証ファンドの比較も

 

 

【口座開設全部無料】まず口座開設する初心者におすすめの会社
1万円から投資できる会社
□【SAMURAI FUND】・・・マネオをグループ企業へ。1万円kらOK上場会社系
□【CREAL 】…大型不動産担保投資を1万円から
【クラウドクレジット】 …海外、特にロシアアフリカなど新興国に強み
□【クラウドバンク】・・・ソーシャルレンディングの老舗。アメリカドルの再投資可能
□【OwnersBook 】・・・不動産担保付き投資に強み

各社の特徴
【クラウドクレジット】 ・・・ロシアモンゴルなど新興国に1万円から投資可能。現地通貨建ても
□【 Funds 】・・・大阪王将アイフルなど有名企業にも。投資家優待付きファンドあり
□【 CREAL 】・・・不動産投資を1万円から
□【 LENDEX 】・・・不動産担保付を高利回りで。募集後即売り切れ多数あり
□【 クラウドバンク 】・・・証券会社系1種免許あり。1万円から不動産太陽光中小企業支援、アメリカなど幅広いファンド多数あり
□【 SBIソーシャルレンディング 】・・・東証1部上場SBIグループ。1ファンド数十億単位の大型ファンドも

 

ソーシャルレンディング業界も激変しています。

最大手のマネオグループは、現在新規募集停止 行政処分を受け事実上開店休業状態の会社も。

クラウドバンクのように2度の行政処分を受けても復活し、現在はドル建て商品をドルのまま再投資できるなどさらに発展している会社も。

ソーシャルレンディングも、それぞれに特徴をだしている会社もあります

2019年募集開始のCOOL はアジアビジネス投資に特徴があります 大阪王将やアイフルなど、有名企業に融資が特徴のFunds。ほかにも

利回りはほかの会社より低めですが、融資先公開、だれもが知る企業に融資するファンドを展開するFunds 。

不動産投資型クラウドファンディング【FANTAS funding】 1万円から始められるクラウドファンディング不動産投資「A funding」 など不動産担保融資の執行勢力も。

【クラウドクレジット】 はロシア・モンゴル・アフリカなど新興国投資、現地通貨建てファンドが多数あります

LENDEX のように初期はなかなか満額成立しなかったけれど、最近は不動産担保付で7~9%程度の利回りでも週していることもあり募集後すぐに満額成立する会社もあります

 

証券会社系で1種免許を持つクラウドバンク

東証上場SBIグループのSBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング開始後、親会社上場したOwnersBookなどがあります

ほかにもFANTAS funding など新しい会社も増えてきました

 

また投資資金も1万円から可能な会社も増えてきました

1万円から投資できる会社4選
□【CREAL】…大型不動産担保投資を1万円から
【クラウドクレジット】 …海外、特にロシアアフリカなど新興国に強み
□【クラウドバンク】・・・ソーシャルレンディングの老舗。アメリカドルの再投資可能
□【OwnersBook 】・・・不動産担保付き投資に強み
 
 

ソーシャルレンディングでの収入で収入を得たらさとふるなどでふるさと納税もおすすめです。

インヴァストカードはクレジットカード決済だけで自動でETF買付運用ができます

 

ソーシャルレンディング以外でも小額から投資できる機会も増えてきました 。

入金だけで海外ETFを自動買い付け運用できるWealthNavi

FX外国為替証拠金取引ではトレイダーズ証券【LIGHT FX】

アメリカ株取り扱い銘柄最大級の サクソバンク証券

ビットコインなど仮想通貨ではGMOコインLiquid by Quoine

 

など小額から個人で投資できる機会がずいぶんと増えてきましたね

目次

日本保証付きファンドが2つのソーシャルレンディング会社で

 

SAMURAI FUND が募集して満額成立が続いていた日本保証の保証付きファンド

・上記CAMPFIRE Owners でも募集開始

 

 

CAMPFIRE Owners では、ファンド募集開始後、即満額成立とはなりませんでしたが

CAMPFIRE Owners でも満額成立の好スタートとなりました

 

 

日本保証・保証付ファンド、SAMURAIとCampfire2社の違いはこれ!

 

 

SAMURAIサムライの日本保証24か月ファンドの内容

SAMURAI FUND の長期24か月運用の日本保証連帯保証付きファンド

日本保証 保証付きファンド11号をまとめました

 

 

https://www.samurai-fund.jp/fund/preview?fund_id=394

 

SAMURAI FUND の24か月ファンド特徴>

CAMPFIRE Owners と比較して24か月と2倍の運用期間

・利回りは6か月1年物より低い年利4.5%

・不動産担保付

・募集期間は5日間

・募集額は2000万円

・募集開始日は予告あるも、時間は事前予告なし(CAMPFIRE Owners は時間も含め予告あり)

 

となります

 

 

募集開始から運用開始まで1週間。

SAMURAI FUND 側も早期満額成立を見越してでしょうか

 

また一般に運用期間が長いほど、利回りが上がるかと思っていましたが

需給バランスからか、逆に利回りは下がっています

 

 

不動産担保に日本保証連帯保証

SAMURAI FUND 24か月のファンド

 

不動産担保2974万円評価額に対し

貸付額は2000万円

 

ざっくり3割ダウンまでなら元本割れを避けられると告知しています

 

さらに、日本保証の連帯保証がついて

 

セーフティネット万全とも言えます

 

ただしその分利回りは年利4.5%と低めに設定されています

 

 

 

融資先公表

 

 

SAMURAI FUND のファンド募集ページに融資先企業も掲載されています

 

少し前に融資先匿名化規制が解除されたため

ソーシャルレンディング会社で公表できるようになりました

 

 

日本保証ファンドのリスクは?

日本保証ファンドの担保保証はかなり手厚いと思いますが

もちろん元本保証ではありません

 

SAMURAI FUND の日本保証ファンドのリスクはどのようなものがあるのでしょうか?

 

同じ日本保証のファンドを募集していたCAMPFIRE Owners のサイトに

詳しい図があったので下記を参考に説明します

 

CAMPFIRE Owners 公式サイトに掲載されていたリスクページを例示します

 

借入先や日本保証が特に返済に問題なくても

ソーシャルレンディング会社が倒産などした場合、投資家の元本も毀損するということです

 

ソーシャルレンディング会社が破綻した場合、FX会社や証券会社のようなセーフティネットが未整備なため

リスクとなります

 

 

つまり

CAMPFIRE Owners

SAMURAI FUND

 

日本保証自体が問題なくても

ソーシャルレンディング会社の経営状況によりリスクを負うということになります

 

 

キャンプファイアーオーナーズは購入型クラウドファンディング大手

SAMURAIは第1種証券会社系

 

なので倒産リスクは低いとは思いますが

このようなソーシャルレンディング会社リスクを負うことになります

 

 

 

まとめ:日本保証の保証付きファンドは担保保証も万全

SAMURAI FUND の24か月日本保証ファンド

日本保証の保証付きである以外に、不動産担保付という意味でもリスク回避も最大限に考慮されているファンドとも言えます

 

利回りは4.5%なので高いほうではありませんが、手堅いファンドかといえます

 

あとはソーシャルレンディング会社のリスクをどう考えるかによるかと思います

 

参考:口座開設(無料・ネット完結)

SAMURAI FUND

 

 

【口座開設全部無料】まず口座開設する初心者におすすめの会社
1万円から投資できる会社
□【SAMURAI FUND】・・・マネオをグループ企業へ。1万円kらOK上場会社系
□【CREAL 】…大型不動産担保投資を1万円から
【クラウドクレジット】 …海外、特にロシアアフリカなど新興国に強み
□【クラウドバンク】・・・ソーシャルレンディングの老舗。アメリカドルの再投資可能
□【OwnersBook 】・・・不動産担保付き投資に強み

各社の特徴
【クラウドクレジット】 ・・・ロシアモンゴルなど新興国に1万円から投資可能。現地通貨建ても
□【 Funds 】・・・大阪王将アイフルなど有名企業にも。投資家優待付きファンドあり
□【 CREAL 】・・・不動産投資を1万円から
□【 LENDEX 】・・・不動産担保付を高利回りで。募集後即売り切れ多数あり
□【 クラウドバンク 】・・・証券会社系1種免許あり。1万円から不動産太陽光中小企業支援、アメリカなど幅広いファンド多数あり
□【 SBIソーシャルレンディング 】・・・東証1部上場SBIグループ。1ファンド数十億単位の大型ファンドも

 

ソーシャルレンディング業界も激変しています。

最大手のマネオグループは、現在新規募集停止 行政処分を受け事実上開店休業状態の会社も。

クラウドバンクのように2度の行政処分を受けても復活し、現在はドル建て商品をドルのまま再投資できるなどさらに発展している会社も。

ソーシャルレンディングも、それぞれに特徴をだしている会社もあります

2019年募集開始のCOOL はアジアビジネス投資に特徴があります 大阪王将やアイフルなど、有名企業に融資が特徴のFunds。ほかにも

利回りはほかの会社より低めですが、融資先公開、だれもが知る企業に融資するファンドを展開するFunds 。

不動産投資型クラウドファンディング【FANTAS funding】 1万円から始められるクラウドファンディング不動産投資「A funding」 など不動産担保融資の執行勢力も。

【クラウドクレジット】 はロシア・モンゴル・アフリカなど新興国投資、現地通貨建てファンドが多数あります

LENDEX のように初期はなかなか満額成立しなかったけれど、最近は不動産担保付で7~9%程度の利回りでも週していることもあり募集後すぐに満額成立する会社もあります

 

証券会社系で1種免許を持つクラウドバンク

東証上場SBIグループのSBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング開始後、親会社上場したOwnersBookなどがあります

ほかにもFANTAS funding など新しい会社も増えてきました

 

また投資資金も1万円から可能な会社も増えてきました

1万円から投資できる会社4選
□【CREAL】…大型不動産担保投資を1万円から
【クラウドクレジット】 …海外、特にロシアアフリカなど新興国に強み
□【クラウドバンク】・・・ソーシャルレンディングの老舗。アメリカドルの再投資可能
□【OwnersBook 】・・・不動産担保付き投資に強み
 
 

ソーシャルレンディングでの収入で収入を得たらさとふるなどでふるさと納税もおすすめです。

インヴァストカードはクレジットカード決済だけで自動でETF買付運用ができます

 

ソーシャルレンディング以外でも小額から投資できる機会も増えてきました 。

入金だけで海外ETFを自動買い付け運用できるWealthNavi

FX外国為替証拠金取引ではトレイダーズ証券【LIGHT FX】

アメリカ株取り扱い銘柄最大級の サクソバンク証券

ビットコインなど仮想通貨ではGMOコインLiquid by Quoine

 

など小額から個人で投資できる機会がずいぶんと増えてきましたね