LENDEXレンデックス最高利回り13%案件とは?

不動産担保融資で有名なLENDEX が、利回り13%の過去最高利回りのファンドの募集を開始しました。

 

LENDEX では融資先への貸付金利も募集ページで公開しており、

おの利回りは15%

 

レンデックスの募集ファンド、不動産担保なし、高利回りファンドとは?

 

 

ソーシャルレンディングも1万円程度から始められる会社も増え、投資しやすい環境になりました

1万円以下でできるおすすめ3選(口座開設は無料)
OwnersBook・・・不動産担保融資に強み。親会社は上場企業

Funds ・・・業界初1円から投資可能。融資先は公開、誰もが知る上場企業も。

クラウドバンク ・・・ ソーシャルレンディングの老舗企業。太陽光不動産担保など他分野あり。融資先も無料口座開設で分かる

 

一方、投資元本を気にすることなく、ソーシャルレンディングのように、不動産物件を対象に利回りを提示して商品化ファンド化する商品も出てきました

 

 

融資先クラウドファンディングにも様々なサービスがあります。  

 

老舗、運営機関の比較的長いクラウドバンクSBIソーシャルレンディング

どちらも証券会社系の会社で安心感も抜群です  

 

  ソーシャルレンディングで人気の高い「不動産担保付きファンド」に強みの会社も増えてきました。  

その筆頭は担保余力20%程度を維持しながら、早期償還時には10%以上の利回り実績あり、先日親会社が上場し安心感も増したOwnersBook

1万円から投資でき、最近は募集即完売続くため、1ファンド当たりの投資額上限を設けたりしています  

 

ほかにもLENDEX や沖縄発の【PocketFunding】 もあります。  

 

2018年以降さらに増え、FANTAS fundingなど1万円から投資できる会社や CREAL のように株主優待ならぬ投資家優待を導入する会社もあります。  

 

最低投資額でいえば業界初1円から投資できるFunds もあります。

この会社は最低投資額だけでなく融資先が上場企業も多いのも特徴です  

 

 

ソーシャルレンディングから広げると

  • クレジットカードの利用額の1%でETFを買えるインヴァストカード
  • 1万円から世界分散投資を全自動で行えるコミコミ手数料で料金体系も分かりやすいWealthNavi

など個人投資家が投資しやすい環境が整ってきた印象です

 

レンデックス13%ファンドの内容とは

レンデックスの特徴

レンデックスhソーシャルレンディグ会社の1つです

 

不動産担保付き融資ファンドに強みがあり

ソーシャルレンディングでは後発ながら、人気会社の1つです

 

小額から投資できることも魅力です

 

□1万円以内から始められる会社【口座開設は無料】
OwnersBook・・・不動産担保融資に強み。親会社は上場企業

クラウドバンク ・・・ ソーシャルレンディングの老舗企業。太陽光不動産担保など他分野あり。融資先も無料口座開設で分かります

FANTAS funding ・・・ 不動産担保付きで8%程度の高利回り。空き家再生プロジェクトなど珍しい取り組みも

【クラウドクレジット】 ・・・ ロシア・ブラジル・モンゴルなど新興国に強み

〇そして業界初投資最低額1円Funds ・・・業界初1円から投資可能。融資先は公開、誰もが知る上場企業も。

 

利回りは8%前後。

 

不動産担保順位1位・2位などリスクの度合いにより

同じ不動産担保付きファンドでも利回りに差をつけて募集しているものもあります

 

 

利回り13%レンデックスファンド

 

LENDEX が募集している13%ファンド特徴を見ていきます

 

https://lendex.jp/main/fund_detail/71/

ローンファンド 52号

 

を見ていきます

 

 

運用期間短く、利回り高い

 

ファンド名称 ローンファンド 52号
募集総額 1,050万円
最低成立金額 840万円
運用期間 4ヶ月
運用利回り(年利) 13.00%

 

運用期間が4か月と短め、利回りが13となります

 

LENDEX では融資先への貸付金利も公開しており

このファンドでは15%

 

利息制限法ギリギリです

 

では借り手はなぜそんなに高い利回りでも借りたいのでしょうか

 

転売のためのつなぎ資金・

  • 同社が新たに購入した不動産の修繕費用として
  • 返済は当該不動産の売却による売却代金、借入人の事業収益、又は他の金融機関からの借り入れによって行われます。

 

不動産の4か月後おの転売した売却益が収入のメイン

不動産修繕リノベーション費用にあてるということでしょうか

 

 

不動産担保はなし

ではLENDEX が今回募集する利回りは13%

 

その分リスクも伴います。

ではそのリスクとはどこにあるのでしょうか?

 

※当案件は無担保・有保証・公正証書有です。

 

レンデックスファンドに欠かせない「不動産」担保が含まれていません

 

公正証書である程度は保全されるとは思われますが

代表者連帯保証では破産されてしまえば回収困難の可能性がたかいので物足りなさもいま目ません

 

 

その分のリスkプレミアムとも言えますが・・・

 

 

まとめ

レンデックスのファンドは不動産担保を売りにしているので

その担保がついていないのはマイナス点ですが、その分利回りが高くなっています

4か月という期間との兼ね合いでしょうか

 

 

LENDEX のファンド募集は不定期に行わえるので、まずは無料の口座開設をして待てば、チャンスを逃さないかと思います。レンデックス口座開設はLENDEX より行えます

 

融資先クラウドファンディングにも様々なサービスがあります。  

 

老舗、運営機関の比較的長いクラウドバンクSBIソーシャルレンディング

どちらも証券会社系の会社で安心感も抜群です  

 

  ソーシャルレンディングで人気の高い「不動産担保付きファンド」に強みの会社も増えてきました。  

その筆頭は担保余力20%程度を維持しながら、早期償還時には10%以上の利回り実績あり、先日親会社が上場し安心感も増したOwnersBook

1万円から投資でき、最近は募集即完売続くため、1ファンド当たりの投資額上限を設けたりしています  

 

ほかにもLENDEX や沖縄発の【PocketFunding】 もあります。  

 

2018年以降さらに増え、FANTAS fundingなど1万円から投資できる会社や CREAL のように株主優待ならぬ投資家優待を導入する会社もあります。  

 

最低投資額でいえば業界初1円から投資できるFunds もあります。

この会社は最低投資額だけでなく融資先が上場企業も多いのも特徴です  

 

 

ソーシャルレンディングから広げると

  • クレジットカードの利用額の1%でETFを買えるインヴァストカード
  • 1万円から世界分散投資を全自動で行えるコミコミ手数料で料金体系も分かりやすいWealthNavi

など個人投資家が投資しやすい環境が整ってきた印象です