レンデックス

【利回りの違い編】LENDEXレンデックス不動産担保付きファンド最大規模3億円・最低成立額2億円募集!その内容評判利回りは?

LENDEXが募集を開始した 史上最大規模3億円ファンドの利回りの差はどこにあるのか? 今回の記事では取り上げます 億単位のファンドを募集・成立するのは ごく限られた会社。 不動産担保ファンドに強みのOwnersBook 東証一部SBIグループのSBIソーシャルレン…

LENDEXレンデックス不動産担保付きファンド最大規模3億円・最低成立額2億円募集!その内容評判利回りは?

ソーシャルレンディング1号ファンドが2017年に登場してから 約1年 LENDEXが史上最大規模3億円ファンドの募集を開始しました。 億単位のファンドを募集・成立するのは ごく限られた会社。 不動産担保ファンドに強みの【クラウドクレジット】 東証一部SB…

LENDEXレンデックス、同じ不動産担保ファンドでハイリスク・ローリスク2種類募集、金利差2%どちらもクリック合戦募集後即完売?

ソーシャルレンディングも2016年あたりまでは 預貯金より圧倒的に高い利回り5~10%程度を提示 実際、元本棄損することなく ほとんどのファンドが無事償還 元本保証ではありませんが 事実上そのような実績に しかし2017年みんなのクレジット事件…

maneoグループ以外で始める続けるソーシャルレンディング会社3選。過去に行政処分を受けたが復活を果たした会社も?

ソーシャルレンディング、 利回り5~10%、中にはそれ以上をうたう業者も。 2018年7月13日金曜日には グリーンインフラレンディングもファンドの募集元 マネオマーケットに行政処分が。 マネオマーケットは今回問題になったグリフラをはじめ 融資型クラウ…

不動産担保付き、担保余力20%、利回り8~10%、レンデックスLENDEX史上最大級ファンド内容と募集状況は?

ソーシャルレンディングで圧倒的シェアを占めるマネオグループ 半面マネオ系以外はというと。 不動産担保付きでも10%利回りを提示していたラッキーバンクは 遅延ファンド続出 みんなのクレジットは利回りマイナス97%ファンドが 30億円以上・・・ そのマネオ…

maneoグループの対抗馬になるか?不動産担保・保証付きで8~10%、査定方法に近況報告メール、LENDEXレンデックスとは?

ソーシャルレンディング会社は大きく2つに分類されることがあります 最大手マネオを擁するいわゆる「マネオグループ」 融資残高シェアは50%以上 しかしマネオ系グリーンインフラレンディングの不適切運用報道などで 問題点も。 今回取り上げるのはマネオ…

グリーンインフラレンディング問題と独自の情報開示を行っているソーシャルレンディング会社(レンデックス編)

融資型クラウドファンディング 不動産担保あり 担保価値は〇円、余力20% 不動産は都内 例えば不動産担保付きのファンドの募集要項には このように書かれています 投資家が知りたいこと それは ずばり「担保となる不動産の名称所在地」 これがわかればいい…

LENDEXレンデックス、新しいソーシャルレンディング、20%以上の担保余力で利回り10%、出金手数料0円の秘密とは?

ソーシャルレンディング会社はここ1・2年で爆発的に増えました その新顔の1つLENDEXを今回は取り上げます 不動担保付き 担保余力20%以上 つまり仮に融資先から返済が滞っても 20%下落までなら元本棄損が免れるとのことです そしてその利回り10% 利…

不動産担保ファンド10%対決ラッキーバンクVSレンデックス

ソーシャルレンディング会社も20社を超え 行政処分を受けたり、事実上業務停止状態の会社もありますが 全体的には会社数も増え、貸付総額も増加傾向にあります 融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)会社は 利回りは、高利回りで人気を集…

LENDEXレンデックス・ファンド募集最終日、大口投資家現れ満額成立に!不動産担保・保全率120%保証付きファンドメリットデメリットとは?

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業者も 20社を超え、市場規模拡大とともに戦国時代へ突入した感があります その源泉は融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)会社は 利回りは、高利回りで人気を集めているラッキー…

利回りはラッキーバンク、担保余力はオーナーズブック並み?不動産担保ファンドの強力ライバルLENDEX(レンデックス)誕生!

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)に新しい風が? LENDEX(レンデックス) https://lendex.jp/が誕生、 新規ファンド募集開始しました マネオグループ以外では久々、みんなのクレジット以来ではないでしょうか? その案件をみてさらに…