【続報】maneo系ガイアファンディング、投資家向けメールの翌日、遅延理由を公式サイトに掲載。リファイナンス案件の設定ができず契約延長(遅延)に!?グリフラ遅延との違いは?

マネオグループのソーシャルレンディングファンドの遅延

f:id:sakura117117:20180927103927j:plain

マネオグループ11のプラットフォームのうち

現在遅延は3つのプラットフォームから発生しています

 

 

・マネオ

・グリーンインフラレンディング

 

そして今回の

・ガイアファンディング

 

 

遅延額は

 

多い順に

 

 

 

グリーンインフラレンディング>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

ガイアファンディング>>>>>マネオ  

 

 

といった遅延額です

 

 

2018年9月25日週明け火曜日に該当投資家向けに、

翌日2018年9月26日には公式HPに(ログインしなくても閲覧可能)

 

遅延情報が発表されました

 

遅延ファンドとともに、遅延理由も明らかに。

 

 

グリーンインフラレンディングの遅延との違いは?

ガイアファンディングの遅延理由は?返済の見通しは?

 

 

少額から投資できることが特徴でもあるソーシャルレンディング その中でも1万円から投資できる会社もあります。

 

・ジョージア・ブラジルなど新興国に強みの【クラウドクレジット】

 

・太陽光・不動産担保のほかアメリカドル建てファンドも発売開始した証券会社系のクラウドバンク

 

・不動産担保余力20%以上、早期償還で14%の利回りも実現OwnersBook

 

などです。

 

 

また東証1部上場SBIグループのSBIソーシャルレンディング

1回の募集が億単位と大規模ファンドを複数募集しています

 

 

2017年に入ると、

沖縄発のソーシャル会社【PocketFunding】

不動産担保付きで情報開示が進むLENDEX など

 

最大手maneo以外の会社もできました。

 

 

 

 

ガイアファンディングの遅延ファンドを取り上げます

 

続きを読む

maneoグループ、maneo・グリーンインフラレンディングに次いでガイアファンディングでも遅延発生。発生理由と元本割れリスクは?

 ソーシャルレンディング最大マネオグループ、

 

f:id:sakura117117:20180927093635j:plain

「グリーンインフラレンディング」の約130億円のファンド遅延の行方が

グリフラ投資家だけでなくソーシャルレンディングの今後を左右する

存在となりつつあります

 

そんなさなか

マネオ本体、グリーンインフラレンディングについで

今度はアメリカ不動産担保融資がメインの

 

 

「ガイアファンディング」で遅延が発生しました

 

行政処分をうけたグリフラとの違いは?

そもそもなぜ遅延したのか?

 

 

 

 

 

 

【クラウドクレジット】 の海外通貨建てファンドに

クラウドバンクが外貨建て再投資できるファンドシリーズ募集開始

 

 

 ソーシャルレンディングでは

 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング


行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

 

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

 

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 

 などあります

 

 

ガイアファンディングの遅延ファンドを取り上げます

 

続きを読む

グリーンインフラレンディング(maneoマーケット)より3連休明けにメールが!金曜営業時間終了後以外では久々。グリフラ遅延案件の今後は?

 ソーシャルレンディング最大手maneo率いるマネオグループ、

その中で圧倒的な利回りを誇っていた

「グリーンインフラレンディング」

f:id:sakura117117:20180926074613j:plain

 

現在もファンド分配金償還金はストップ。

 

ただしグリフラ該当投資家へは、定期的に進捗メールが届いています

 

 

が、ほとんどが金曜日の営業時間終了後(18時以降)

 

電話問い合わせが18時までなのと

土日休み前

 

 

グリーンインフラレンディングにかぎらず

ソーシャルレンディング会社が送る週末営業時間後メール・連絡は

あまりよくない報告が

 

逆に週明けしかも営業時間内メールは

問い合わせされても答えやすいメールが?

 

そしてグリーンインフラレンディング運営元

マネオマーケットより

 

2018年9月25日、週始めの火曜日

午後メールが・・

 

【グリーンインフラレンディング】延滞案件に係る経過報告(続報)

 

のタイトルで送られてきました

 

2018年9月14日に配信致しました延滞案件に係る経過報告の続報として、以下の通りご報告させていただきます。

 

3連休明けの週始めの火曜日、しかも営業時間内に送られた

グリフラマネオマーケットメールの中身とは?

 

 

 

【クラウドクレジット】 の海外通貨建てファンドに

クラウドバンクが外貨建て再投資できるファンドシリーズ募集開始

 

 

 ソーシャルレンディングでは

 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング


行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

 

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

 

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 

 などあります

 

 

グリフラファンドの現況とは?

 

続きを読む

ロードスターキャピタルが運営OwnersBookオーナーズブック、予定利回り4%でも億単位の資金が集まる5つの理由とは?

 ロードスターキャピタルが運営

OwnersBookオーナーズブックというソーシャルレンディング会社。

 

f:id:sakura117117:20180921205250j:plain

 

 

融資型クラウドファンディングでは年利10%超えも珍しくない中

OwnersBookオーナーズブックの予定利回りの中心は4%~5%台

 

1回の募集で数千万円~中には億単位まで、

利回りは低くても募集後即ファンド満額成立も少なくありません

 

 

オーナーズブックの扱うファンド

予定利回り4~5%でも

確定利回りは倍以上の10%超えも?

 

 

日本国内での運用で為替差益ではありません

 

 

なぜ予定利回りを大きく超えるファンドがあるのか?

利回り低めでも人気のソーシャルレンディング会社

OwnersBookオーナーズブックとは

 

 

 

 ソーシャルレンディングでは

 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング


行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

 

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

 

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 

 などあります

 

 

ちなみにビットコイン投資も少額投資中

 

ビットフライヤー を使っていましたが

 

 maneoファンドも扱うGMOクリック証券と同じGMOグループから【GMOコイン】

 1か月以上たちようやく口座開設通知が!

【GMOコイン】 はリアルタイム入金手数料無料、出金もリアルタイムではないものの無料 です

 

FXや証券会社では当たり前の

即時入金無料、出金無料ですが、仮想通貨の会社ではまだ少数派です

 

 

ほかにも

 アジア最大規模のQUOINEXビットトレードなども国内会社も多数あります

 

 

これから取り上げるソーシャルレンディング会社には

 

 

 

ロシアやバルト三国など、ほかのソーシャルレンディング会社の

扱わないような新興国、しかも現地通貨(もちろん為替リスクあり)建ても扱っている【クラウドクレジット】 なども。

 

 そして

海外ファンドの強力なライバルが?

 

 

【クラウドクレジット】 の外貨建て分野にクラウドバンクが?

 

 

 OwnersBookオーナーズブック特集です

 

 

 

続きを読む