クラウドクレジット(クラクレ)ペルー・カメルーン・ロシア・東欧など、利回り20%超えも元本割れもその理由、評判は!?

SPONSORED LINK

クラウドクレジット。ソーシャルレンディング会社の1つですが

最近、飛躍的に成立金額・登録者数を伸ばしています

 

f:id:sakura117117:20170626061455j:plain

 

不動産関連だけでなくカンボジア・フィリピンも扱うSBIソーシャルレンディング

 

 

1万円から投資できるOwnersBookクラウドバンク 

 

そして不動産担保を全案件につけながら高利回りのラッキーバンク

 

そして今回取り上げるクラウドクレジット。

 

年利20%超える運用実績(円ベース)がある一方元本割れファンドもある

ハイリスクハイリターン・そして海外投資しかもマイナー国家を扱う

【クラウドクレジット】 とは!?を過去の記事からまとめてみました

 

クラウドクレジット20%超えも元本割れも!?

クラウドクレジットCrowdcreditで扱うファンドは

海外、しかも投資としては日本でマイナー国家ばかり。

 

同業他社の扱っていない国ばかりです

 

ロシア・カメルーン・ペルーなどなど。

 

なぜ20%を超える利回りが?

クラウドクレジット(クラクレ)の扱うファンドの中には

 

為替リスクを投資家がとるか、取らない(軽減する)か2つの商品を用意している

商品もあります

 

為替ヘッジあり

・・・為替の変動を回避する。投資時より償還時が円高になった場合

円高差損を軽減できるメリットがあります

 

 

為替ヘッジなし

・・・償還時、円高になったら元本割れも・・・

利回り10%でも為替レートが11%円高に進めば

日本円ベースではマイナスになってしまいます

 

 

・・・逆に円安で償還を迎えた場合

利回り10%に加え、為替差益もゲットできるうまみがあります

 

カメルーン案件償還案件の為替ヘッジなしでは

為替変動で元本割れ・20%超と両方ありました

 

ただクラウドクレジットの海外案件は

償還時は投資先通貨でストックや再投資ができず

 

一度日本円にしなければならないです

 

カメルーンの場合1年後、円安か円高か

確率50%ですが、1年後の為替レートを予測できれば別ですが

難しいところです

 

まとめ

カメルーンやロシア・ペルーなどなかなか投資できない国に

1万円から投資できる【クラウドクレジット】 は

融資型クラウドファンディングの中では異色の存在です

 

ちなみにもっとも運用実績のある「ペルー案件」は

運用は順調で、ペルー国内で税制改正で予定利回りのアップも見込まれています

 

social.semiretire.xyz

 

social.semiretire.xyz

 

とはいえ、カメルーン案件など

元本割れ・遅延が起きていることも事実です

 

日本では考えられない新興国リスクもあります

 

 

冒頭で触れた

 

不動産関連だけでなくカンボジア・フィリピンも扱うSBIソーシャルレンディング

 1万円から投資できるOwnersBookクラウドバンク 

不動産担保を全案件につけながら高利回りのラッキーバンク

 

など【クラウドクレジット】  とほかのソーシャルレンディングを分散しながら

投資することもリスク面からも重要とも思います

 

カンボジア・フィリピンを扱うSBIソーシャルレンディング

social.semiretire.xyz

 

ペルー・ロシアなどを募集している【クラウドクレジット】 

 

 

次はどのような国のファンドが出てくるのか

楽しみですね