利回りはラッキーバンク、担保余力はオーナーズブック並み?不動産担保ファンドの強力ライバルLENDEX(レンデックス)誕生!

SPONSORED LINK

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)に新しい風が?

LENDEX(レンデックス) https://lendex.jp/が誕生、

新規ファンド募集開始しました

 

f:id:sakura117117:20170721213937j:plain

 

マネオグループ以外では久々、みんなのクレジット以来ではないでしょうか?

 

その案件をみてさらに驚きが。

利回りは、高利回りで人気を集めているラッキーバンク 並み

担保余力はOwnersBook 並みの手厚さ

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング
行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

 

など競合がひしめく中、

レンデックスは?

 

LENDEXレンデックス1号ファンド

年利10%不動産担保・保証までつくのに

募集額の53%しか集まらなかった理由とは?

 

LENDEXレンデックスひっそり誕生!マネオ以外ではみんなのクレジット以来?

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)会社に新しい仲間が。

 

その名もRENDEX(レンデックス)。

マネオグループ以外では久々

 

みんなのクレジット以来ではないでしょうか?

 

レンデックスの特徴の1つに

東急リバブルの査定結果を利用

をLENDEX側は売りにしています。

 

不動産評価には方法がいろいろあり

その評価方法によって価格は異なります

 

東急リバブルと業務提携をし

この会社が不動産査定をしていますよ、ということで

投資家に安心材料となるのでしょうか?

 

不動産担保付きローンファンド1号  、年利10%でも半分しか集まらず

レンデックスの記念すべき1号ファンド

不動産担保付きローンファンド https://lendex.jp/main/fund_detail/1/

 

では募集内容を見ていきます

 

 ファンド名称 不動産担保付きローンファンド 1号

募集総額 1,951万円

最低成立金額 50万円

投資可能金額 5万円以上から投資可能

募集期間 2017年7月6日13:00 〜 2017年7月17日23:59

運用期間 6ヶ月 2017年7月19日 〜 2017年12月26日

運用利回り(年利) 10.00%

 

ではいくつかピックアップしていきます

 

最低投資額は?

5万円から投資が可能です

ほかのソーシャルレンディング会社と同じような

最低投資額の設定です

 

運用期間は?

運用期間は6か月。

LENDEXレンデックス自体

初案件なのでお試し投資としてはちょうどいい期間でしょうか。

 

ちなみにRENDEXレンデックスでは

1年以内の運用期間のファンドを中心に募集していくそうです

 

利回りは?

利回りは10%(年利)

利回りは、高利回りで人気を集めているラッキーバンク 並みですね

不動産担保をとりながら高利回りという点も共通しています

 

不動産担保、その担保順位は?

不動産事業者Aへの融資に際し、

不動産事業者Aが既に所有する不動産を担保として、

抵当権(第1順位)

 

不動産担保、担保余力は?

担保不動産の評価額は4,860万円です。(東急リバブル株式会社評価)

 

返済原資は?

返済は当該不動産の売却による売却代金、

又は他の金融機関からの借り入れによっておこなわれます。

 担保不動産売却または銀行借り入れとのことです

 

融資目的は?

借入人は東京都内の不動産事業者Aです。 今回、同社の運転資金として1,950万円を上限に以下の要領で募集いたします。 

担保価値が4860万円に対し

貸付上限が1950万円

 

しかも第一順位

 

利回りは、高利回りで人気を集めているラッキーバンク 並み

担保余力はOwnersBook 並みの手厚さ

 

まさしく!

 

保証も不動産担保もついて10%もあるのに半分しか集まらなかった理由

 

担保価値や代表者連帯保証がついて

年利10%

 

なのに満額成立ならず

いったいなぜなのか?

 

次回以降取り上げていきます