みんなのクレジット東京都からの貸金業法上の業務停止処分が解除へ。金融庁とともに前代未聞ダブル業務停止今後は?遅延案件は?

SPONSORED LINK

みんなのクレジット

 

f:id:sakura117117:20170909212403j:plain

 

 みんなのクレジットはソーシャルレンディング会社の1つ。

 

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)会社は

 

利回りは、高利回りで人気を集めているラッキーバンク 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング
行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

 

など様々。

 

しかしみんクレは東京都からも業務停止処分が下りました

 

金融庁からも東京都からも業務停止処分

 

前代未聞の事態に

 

 

2017年9月8日金曜日付けで業務停止処分が解除

 

そして即座にみんなのクレジットもコメントを発表

 

みんなのクレジットが発表したコメントとは?

肝心の償還金遅延については?

 

みんなのクレジット前代未聞ダブル業務停止命令

まずはみんなのクレジットに出された業務停止命令を振り返ってみます

金融庁からは「投資面」での行政処分

東京都からは「融資面」での行政処分

 

2か所から前代未聞業務停止命令が出されました

 

投資面での業務停止処分ダイジェスト

まずは投資面での業務停止命令です

行政処分「勧告」→行政処分 という形で進みました

 

social.semiretire.xyz

 

2016年度末の2017年3月末、関東財務局から業務停止命令が

 

これ自体重く感じますが

免許取り消し→みんクレ倒産→デフォルト

 

も覚悟していただけにすこしほっとする誤算でもありました

 

業務停止命令も1か月で解除となりました

 

しかし新規ファンド募集のめどは立たず・・・

 

 

東京都からの業務停止処分

東京都から業務停止処分がだされ

金融庁とともに2か所からだされたことになります

 

social.semiretire.xyz

 

そして東京都から貸金業法上の業務停止1か月の期限が来ました

 

みんなのクレジットの業務停止処分は解除されるのか?

 

 

みんなのクレジット東京都からの行政処分解除

金融庁からの業務停止処分が1か月で解除されたのと同じく

東京都からの業務停止処分も1か月で解除されました

 

2017年9月8日金曜日付けです

 

みんなのクレジットも早速公式サイトでコメントを発表しています

 

当社に対する貸金業法に基づく行政処分の解除について

 

当社(みんなのクレジット)に対する貸金業法に基づく行政処分の解除について

 

というタイトルでコメントしています

 

お客様各位 株式会社みんなのクレジット 代表取締役 阿藤 豊

 

平成29年8月2日付で、東京都産業労働局金融部貸金業対策課より貸金業法に基づく行政処分を受け、業務改善および業務停止をしておりましたが、

 

平成29年9月8日に解除となりましたことをご報告申し上げます

 

 

行政処分解除が2017年9月8日金曜日

 

みんクレコメント発表日はその当日

 

非常に迅速ですね

しかも誰もが見られる公式サイトのお知らせページに。

 

みんなのクレジットにとって都合のいいニュースは早いですね

 

 

みんクレ償還金遅延について

東京都からの業務停止解除、

以上に注目なのは遅延しているファンドの償還金はどうなっているのか?

 

このままデフォルトになってしまうのか?

 

という問題です

 

social.semiretire.xyz

 

最初はみんクレの説明によると

事務処理上の遅れということでした

 

 

が2017年7月以降は

 

social.semiretire.xyz

 

この問題、最大の貸付先とされる

みんなのクレジットの元親会社ブルーウォールジャパン白石伸生氏のコメント

も発表されました

(この記事発表現在はコメントは削除されています)

social.semiretire.xyz

 

 

みんなのクレジットは?

今回の東京都行政処分解除以外は特にみんクレからはコメントなし

裁判所もからんでいるので結果待ちで言えないという面もあるのかもしれませんね

 

一番知りたい投資資金の返済、本当に返済されるのか?

 

不安はつきません