J LENDING(ジャルコのジェイレンディング・田辺 順一社長)コメントから,みんなのクレジット行政処分結果を見ると?

SPONSORED LINK

J LENDING(ジャルコのジェイレンディング・田辺 順一社長)コメントから,みんなのクレジット行政処分結果、後編です。

 

前回はJ LENDINGについての紹介を中心に取り上げました

 

ではそのジェイレンディングの公式コメントから、みんクレ行政処分(勧告)を見ていきます

 

 J LENDING(ジャルコのジェイレンディング)概要

 

ソーシャルレンディング会社の1つですが

最低投資額50万円、年に2回程度の案件募集など規模も小さいことから

あまり知られていないソーシャルレンディング会社です

 

しかし上場企業のグループ会社、担保保証が他社を圧倒(その分利回りは低め)

など安心安全面では一歩抜きんでているようにも感じます

 

前回の記事を参照ください

social.semiretire.xyz

 

では早速J LENDINGのコメントを見ていきます

 

J LENDING(ジェイレンディング)記事からみんクレ行政処分を考える

 

みんなのクレジットが行政処分勧告を受けたのは2017年3月24日

 

行政処分が出たのが2017年3月30日

 

J LENDINGがコメントを出したのが2017年3月28日

 

行政処分勧告が出て、行政処分勧告が出るのを待っている期間ということになりますね

 

www.sociallending.jalco.co.jp

 

2017/03/28 当社におけるファンド資産の運用・管理体制について

 

というタイトルでコメントを出しています

 

以下は上記公式サイトより引用

 

24日(注2017年3月24日)、証券取引等監視委員会は、特定の第二種金融商品取引業者による不適切な業務運営に関し、行政処分を行うよう勧告をいたしました。

 

みんなのクレジットとう会社名は出していませんが

日時・内容から考えて、みんクレの件と言えますね

 

 

分散管理について

 

当社は、自己の資産とファンド資産を厳格に分別管理

分散管理はどこの会社もうたっていますが

FX会社や証券会社のように信託保全などではなく、各社独自の内容となっています

 

貸付先について

お客様が投資された資金は、全て当社グループ外の資金需要者に対する貸付金として運用しております。

 

 J RENDINGでは貸付先をグループ外と明示しています

クラウドクレジット・キャッシュフローファイナンスなどグループ内企業に

貸し付けており、それを明示している会社もあります。

 

内部統制について

当社は会計監査人による監査を受けている上場企業の完全子会社であるため、同水準の内部統制が求められております。よって、当該事業については牽制が効いております。

 

外部監査は上場企業は当たり前のように受けていますが

未上場でベンチャー企業もソーシャルレンディング会社は少なくないです。

 

監査を受けていない、財務状況非公開などの会社もあるようです。

元本棄損は貸付先のデフォルトもリスクの1つですが

ソーシャルレンディング会社破たんも元本棄損の一因になりえます

 

預金は預金保険機構、証券会社は投資者保護基金といった

セーフティネットがあることに比べると・・・です

 

まとめ

 

ソーシャルレンディングも歴史が浅く、ここ数年で業者が急激に増えてきたので

業者の見極めも重要となります

 

今回紹介したジャルコのJ LENDINGは

JALCOホールディングズのHP投資家向け情報にも掲載されています

 

投資家情報トップ|JALCOホールディングス株式会社