クラウドバンクCrowd Bank行政処分結果を受け中小企業支援&風力発電ファンド募集!結果や評判を考える

SPONSORED LINK

クラウドバンクCrowd Bankに関東財務局から行政処分結果が出されたのが

2017年6月9日金曜日。

 

行政処分勧告~行政処分結果を踏まえ、2つのファンドが新規募集開始しました

(風力発電ファンド&中小企業支援ファンド)

 

f:id:sakura117117:20170614215702j:plain

 

SBIソーシャルレンディングOwnersBookラッキーバンク【クラウドクレジット】 などソーシャルレンディング会社もどんどん増え、

行政処分結果を受けクラウドバンク の今後は?

 

クラウドバンクに下された行政処分の内容とは?

新規ファンドの募集状況は?

クラウドバンク2017年6月関東財務局からの行政処分内容

まずクラウドバンクが受けた行政処分勧告内容・

関東財務局から出された行政処分内容を振り返っていきます

social.semiretire.xyz

証券取引等監視委員会から出された行政処分勧告内容は

 

 

大きく分けて2つ

・担保として明示していたものが、その価値が著しく低かった

・手数料還元キャンペーンを告知していながら、実際にはしていなかった

 

social.semiretire.xyz

ということです

 

 

 

1週間後、クラウドバンク に、行政処分がだされました

social.semiretire.xyz

 

・担保として明示していたものが、その価値が著しく低かった

→募集ファンドは元本棄損することなく予定通り償還済み。

担保表記も収税済み。結果的には損失無し。再発防止策も。

 

・手数料還元キャンペーンを告知していながら、実際にはしていなかった

→遅延利息金を含め、キャンペーン分投資家に分配済み。再発防止策も。

 

クラウドバンク は、行政処分勧告地点である程度の対策案が出されていたとも言えます。

 

またこのクラウドバンク の処分勧告内容が

前社長時代のことで社内体制も一新したと会社側はコメントしています

 

 

そして行政処分内容は?

 

業務改善命令

 

引き続き、クラウドバンク は、新規ファンドの募集も行えることとなりました

 

そして行政処分が出された同日(2017年6月9日)

クラウドバンク 新規ファンドが募集開始となりました

 

クラウドバンク行政処分発表を受けて新ファンドを出した結果は?

クラウドバンクから2017年6月9日、

行政処分結果を受け、クラウドバンク 新規ファンド募集を開始しました。

 

 

 

■クラウドバンクファンド第536号
風力発電ファンド45号
https://crowdbank.jp/funds/crowd/A00000536#!home


募集金額 :¥29,730,000
目標利回り:6.5%(年率)
募集期間 :2017/6/9~2017/6/14
運用期間 :3ヶ月(2017/6/15~2017/8/31)
担保   :有※
保証   :無※


■クラウドバンクファンド第537号
中小企業支援型ローンファンド第260号
https://crowdbank.jp/funds/crowd/A00000537#!home

募集金額 :¥45,210,000
目標利回り:6.2%(年率)
募集期間 :2017/6/9~2017/6/29
運用期間 :12ヶ月(2017/6/30~2018/6/15)
担保   :有※
保証   :有※

 

クラウドバンク が募集開始した2つのファンドは

合計7500万円にもなります

行政処分が下された直後の募集

 

1回目のクラウドバンクの行政処分のような「新規」業務停止ではなく

新規ファンドを募集できる状態ではあったものの

今まで通りファンド資金が集まったのでしょうか?

 

行政処分結果直後のファンドの評価評判・募集状況は?

クラウドバンク が出した

中小企業支援ファンド、風力発電ファンド

どちらも満額成立

 

風力発電ファンド45号 投資家数 136名

中小企業支援型ローンファンド第260号 320名(詳細ページでは318名?)

 

クラウドバンク の今までと変わらないくらいの募集状況です

行政処分を受けたこと自体は問題がありますが

その対応に投資家からクラウドバンク が一定の評価をもらえたともいえます

 

まとめ

クラウドバンクに2度も行政処分が出されたことは不名誉なことですが

体制を一新し、再スタートを切った、これからが正念場とも言えます。

 

クラウドバンク が営業を開始したころは

ソーシャルレンディング会社はまだ少なかったです

 

しかし現在は

SBIソーシャルレンディングOwnersBookラッキーバンク【クラウドクレジット】 など数多くの会社があり競争も激化してきました

 

クラウドバンク

1万円以上1000円単位、比較的短期案件が多い、出金手数料が無料など

少額からも投資できる数少ない会社です

 

案件も不動産担保から風力発電など幅広くあつかっていて

非常に興味深いのがクラウドバンク の特徴でもあります

 

こんごに期待したいですね