読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウドバンク、バイオマス発電ファンド募集開始とは!?

SPONSORED LINK

ソーシャルレンディング会社「クラウドバンクcroed bank」が

代替エネルギー特化型ローンファンドの新たなカテゴリーに

バイオマス発電ファンドシリーズを発売しました。

 

バイオマス発電ファンド1号について分析してみます

 バイオマス発電ファンド1号とは?

代替エネルギー特化型ローンファンド

水力発電、太陽光発電、風力発電に次ぐクラウドバンク新たなカテゴリーです

 

募集ページには

 

  • 不動産賃貸投資との比較もあり
  • 収益は20年固定(賃貸は空室リスクあり)
  • 電力会社が全部買い取り(賃貸は空室リスクあり)
  • 滞納リスクなし

 

 

再生可能エネルギーへの投資は空室リスクのない不動産投資のようなもの?

というキャッチコピーも並んでいました

 

 

バイオマス20年固定価格なのに9か月?

 

20年???融資期間も相当長くなるのかなぁとみていくと

貸付期間は9か月

 

20年固定のバイオマス発電の貸付期間が

たったの9か月?

 

ソーシャルレンディングとしてみると

9か月という貸付期間は標準的な期間ですが

 

バイオマス発電の20年固定「20年」からみると

相当短い期間に見えます

 

どうして20年固定のバイオマス発電案件の貸付期間が

9か月と短いのか?

 

バイオマス発電ファンド1号のメリット・デメリットリスク危険を

次回詳しく見ていきたいと思います