ガイアの夜明けで新規口座激増クラウドクレジット年利13%ユーラシア金融事業者ファンドトップに!その正体とは?

SPONSORED LINK

  ソーシャルレンディング会社の1つ

【クラウドクレジット】 が新規ファンドを募集開始しました

 

f:id:sakura117117:20180126211139j:plain

そのクラウドクレジットの新規ファンド

募集開始後ほどなくして、現在募集中のファンドで

募集額が1位に。

 

 

1号 新しく募集を開始した

【クラウドクレジット】のファンド利回り13.1%

利回りトップクラスのファンドの中身とは?

 

【クラウドクレジット】以外にもソーシャルレンディングは数多くあります

 

 

 

ソーシャルレンディングでは

利回りは、高利回りで人気を集めているラッキーバンク 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング
行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 

 などあります

 

ちなみにビットコインはというとコインチェックという大手の取引停止を受け

 

ビットフライヤー

 maneoファンドも扱うGMOクリック証券と同じGMOグループから【GMOコイン】

 

 アジア最大規模のQUOINEXビットトレードなども大きく値を下げています

 

逆に言うと、久々の買い相場なのかもしれません

 

 

 

【クラウドクレジット】 の新規ファンドユーラシア金融事業者ファンド1号とは?

 

 

クラウドクレジット13.1%利回りのファンドとは?

海外に特化したソーシャルレンディング会社

クラウドクレジット

 

  2018年01月25日

ユーラシア金融事業者ファンドの販売を開始の

プレリリースされました 

 

一体どのようなファンドなのでしょうか?

 

商品基本情報

ファンド名称 ユーラシア金融事業者ファンド

募集金額 1,000 万円

運用期間 2018 年 2 月~2019 年 2 月の約 13 か月

期待利回り 年利 13.1%(投資倍率 1.134 倍)

最低投資金額 10,000 円(追加単位:10,000 円)

販売手数料 0 円

運用手数料 当初出資額の 1.5%

分配方法 満期一括

通貨 ロシアルーブル

 

さてこれを見てどうでしょうか? ポイントをみていきます

 

利回りは13.1%

クラウドクレジットの募集中のファンドの中で

最高利回りを提示しています

 

もちろん元本保証商品ではないため

実績値はわかりませんが、魅力的な%ではないでしょうか

 

運用期間は13か月

クラウドクレジットでは

運用期間が半年のものから1年、2年、3年と非常に幅広いものとなっています

 

通貨はロシアルーブル

【クラウドクレジット】が募集している

このユーラシア金融事業者ファンド最大のポイントではないでしょうか

 

為替ヘッジあり日本円ベースの商品、

ユーロ建て、

アメリカドル建て、

 

ではなくロシアルーブル建てという点です。

 

ロシアの行程金利は日本以上ですが、

為替の動きもユーロやアメリカドルとは比べられないほど動きます。

 

13.1%以上の円高になるリスクアメリカヨーロッパ通貨以上とも言えます。

 

そのリスクの裏返しが今回の利回りでしょうか。

 

ほかのファンドでもそうですが

ロシアルーブル建てのファンドはほかの通貨よりも高めの金利設定となっています。 

 

 

【クラウドクレジット】の扱うファンド自体、

カメルーン・トルコ・などマイナー国家が多いです

 

為替差益もあり年利30%超えのファンドがある反面

遅延や原本割れも少なくありません

 

 まとめ

 

 

 

【クラウドクレジット】は全ファンド1万円から投資できるので

お試し投資しながら様子見、口座開設をして投資機会をうかがい「待つ」のも1つです 

 

 

【クラウドクレジット】では運用状況も投資以外

誰でも見られる形でホームページで公開しています

 

 

 

 

 

 

 

 maneoファンドも扱うGMOクリック証券と同じGMOグループから【GMOコイン】

 

 アジア最大規模のQUOINEXビットトレード

 

 

 

ソーシャルレンディングでは

利回りは、高利回りで人気を集めているラッキーバンク 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング
行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 

 など、

 

 【クラウドクレジット】 もその選択肢の1つ

そしてメインにするか、ファンド自体の選択肢も増えてきたので

投資家としては楽しみです

 

ビットコイン暴落とみんなのクレジットの行方を憂慮しながら