ラッキーバンク行政処分勧告前日、突如?2億5000万円分のファンド募集、そして満額成立。用途は利息返済に借り換え資金目的?

SPONSORED LINK

ソーシャルレンディング会社の1つ「ラッキーバンク」

f:id:sakura117117:20180222082111j:plain


2018年02月19日 22時00分00秒

この日5つ目のファンドの募集開始

 

2018年02月19日 23時52分40秒

2時間弱で満額成立

 

この日ラッキーバンクが募集したファンド5本

総額約2億5000万円分は全て満額成立

 

その翌日

 

「行政処分勧告」が出されました

 

前日に募集した2億5000万円分のファンドが意味するものとは?

 

 

 

social.semiretire.xyz

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 ソーシャルレンディング会社は

 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング


行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

 

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 

 などあります

 

 

ほかにも最近はビットコインでの運用もスタート

 

ビットフライヤー

 maneoファンドも扱うGMOクリック証券と同じGMOグループから【GMOコイン】

 

 アジア最大規模のQUOINEXビットトレードなども国内会社も多数あります

 

 

 

 

前回に続きラッキーバンクの行政処分勧告を取り上げます

ラッキーバンクサイドのコメントは?

 

ラッキーバンクの行政処分勧告について


行政処分勧告を受けたラッキーバンク
流動性の高い不動産担保付きで10%前後の利回りを提示

元本保証ではありませんが今までは問題なく運用しているようにも
見えました

しかしずさんな管理が表面化
行政処分勧告が証券取引等監視委員会から出されました

2018年2月20日火曜でした

 



行政処分勧告前日、突如募集した2億5000万円分のファンド

融資型クラウドファンディングの1つラッキーバンクが受けた

行政処分勧告発表の前日午前

 

ラッキーバンクから新規ファンド募集のお知らせが。

1本目が当日午前

 

ラッキーバンクは同日募集ファンドの1つめは

遅くとも前日には予告があり

 

入金状況により2つめ、3つめと

追加していく形をとっていました

 

しかしこの日は1本目当日予告

 

さらに募集開始

2018年2月20日火曜日

募集終了も

同日2018年2月20日

 

ラッキーバンクのファンドは募集開始数分~数時間で満額成立する可能性が

高いので、自信の表れかとも思っていましたが・・・

 

しかも久々の10%ファンド

 

その後も募集予告・募集開始が続きその数5ファンド

総額2億5000万円弱

 

 

ラッキーバンク行政処分勧告前日募集開始ファンド

行政処分勧告を受ける前日

5つのファンドを募集開始しました

 

2/19募集】第434号ローンファンド Lucky Bank 150億円突破記念

 予定利回り(税引き前) 10.00% 

調達資金4,701万円

定運用期間 18ヶ月

募集開始日時 2018年02月19日 18時30分00秒

 

 

【2/19募集】第435号ローンファンド Lucky Bank 150億円突破記念

予定利回り(税引き前)9.50%

調達資金 5,201万円

予定運用期間 18ヶ月

募集開始日時 2018年02月19日 18時30分00秒

 

【2/19募集】第436号ローンファンド Lucky Bank 150億円突破記念

予定利回り(税引き前) 9.00%

調達資金 5,001万円

予定運用期間 18ヶ月

募集開始日時 2018年02月19日 18時30分00秒

 

【2/19募集】第437号ローンファンド Lucky Bank 150億円突破記念

予定利回り(税引き前)8.50%

調達資金 3,801万円

予定運用期間 6ヶ月

募集開始日時 2018年02月19日 18時30分00秒

 

【2/19募集】第438号ローンファンド Lucky Bank 150億円突破記念

予定利回り(税引き前) 9.50%

調達資金 6,259万円

予定運用期間 15ヶ月

募集開始日時 2018年02月19日 22時00分00秒

 

 

5つめのファンドは

行政処分勧告前日の22時募集開始でした

 

総額2億5000万円弱

 

どの程度資金が集まったか?

さて肝心の資金の集まり具合は?

 

ラッキーバンクでは事前入金制をとっており

募集開始時にラッキーバンク口座に資金をプールしておく必要があります

 

しかも募集予告は当日午前

 

 

結果

 

全ファンド当日中満額成立

 

この日はファンド償還日でも分配日でもないので

ラッキーバンクへの投資資金の多くが再投資ではなく

新規追加投資だったと思われます

 

 

利回り10%をはじめ

最近の利回りが8%程度だったことを考えると

相当魅力的にも感じますね

 

 

資金用途が借入金で利息返済?

ラッキーバンクの初期のファンド募集ページと比べると

ずいぶんと詳しい印象を受けます

 

一覧ページで担保物件と使用用途が記載されています

 

不動産を担保にしていることは共通ですが

担保不動産や資金用途は違いようです

 

【担保物件】神奈川県足柄下群箱根町に所在する保養所
【資金使途】不動産事業に関わる工事・管理・備品・労務・委託・金融費用など:5,000万円

(436号)

 

とそうかなぁと思えるものがある反面

 

 

資金償還して、別のファンドとして募集する?

【担保物件】東京都台東区の土地
【資金使途】第310号ローンファンドの借換え:3,800万円

(437号)

 

よく言えば借り換え、悪く言えば自転車操業?と思ってしまう用途も

(ちなみに借り換えリファイナンスは他社もあるのでそれ自体は問題ないとされています。自転車操業でなければ・・・)

 

 

利息返済のためのソーシャルレンディング?

また

【担保物件】東京都台東区東上野の一棟オフィスビル
【資金使途】利息返済:5,200万円

(435号)

 

利息返済のためにソーシャルレンディングで借り

利息返済

利息が利息を呼び大丈夫?と思ってしまうものまでざまざまでした 

 

 

 

 

まとめ

行政処分勧告前日に高利回りで集めた

2億5000万円分のファンド

 

当面新規募集できないとみて

急遽集めたものなのか?

 

たまたま募集と行政処分勧告がかさなっただけなのか?

 

ラッキーバンクの詳しい説明が待たれます

 

 

 

クラウドバンク は2度の行政処分を乗り越え、新たなステージに向かっていますが

そうなるでしょう 

 

 

 maneoファンドも扱うGMOクリック証券と同じGMOグループから【GMOコイン】

 

 アジア最大規模のQUOINEXビットトレード

 

 

 

ソーシャルレンディングでは

 

 

担保余力が手厚いOwnersBook 

 

 

東証1部SBIグループのSBIソーシャルレンディング
行政処分から復活を果たしたクラウドバンク

 

海外しかもマイナー国家に特化した【クラウドクレジット】

担保余力120%以上、不動産担保付きで10%利回りを募集中のLENDEX

 

 など本当に選択肢が増えてきたなぁと感じています

 

みんなのクレジット、ラッキーバンク

ソーシャルレンディング自体が・・・とならなければ

 

そしてラッキーバンクにわたしも投資しているので

不安でもあります