maneo,Luckybank マネオラッキーバンクを比較すると

SPONSORED LINK

クラウドファンディング

ソーシャルレンディングの投資実践記録をまとめてみました

各業者の比較も

 

 ソーシャルレンディング会社を比較する

クラウドファンディング、ソーシャルレンディング会社を比較してみました。

実際に使っている会社です

 

maneoマネオ

クラウドファンディング・ソーシャルレンディング最大手

シェアは50%以上とのこと。

数年前までマネオ1社体制のような

ソーシャル業界でしたが、最近は参入企業も増加。

ただ最大手だけあって集まる金額も他を圧倒。

 

利回りは5~8%程度。

最大手プレミアムもあり若干低め。

以前は個人に融資し元本割れもあったが

現在は企業のみの融資。

企業融資では元本割れはないとのことです。

maneo投資状況

マネオに投資している融資は

遅延や元本割れ、利回り低下などありません。

ただし予定より早く償還される

早期償還が結構あります

 

Lucky bank ラッキーバンク

全案件で不動産担保をとっている。

1年~2年またはそれ以上など長期案件が多い

 

最近はクリック合戦の模様を呈しており

1億円を数分で集めるなどすごい人気でなかなか投資できず。

 

出金手数料が金額にかかわらず無料なので

分配金だけを引き出すのもしやすい

(ほかの会社は216円から432円程度かかるので

ある程度まとまった額でないと・・・・です)

ラッキーバンク投資状況

元本割れ、遅延、利回り低下などなく想定通り運用されています。

maneoと違い、早期償還もほどんどありません。